あなたにオススメなのはこんな規模の特許事務所

特許事務所への転職
トンボ
トンボ

特許事務所に転職するなら大きな事務所のほうがいいですか?

カブト
カブト

ケースバイケースだけど、初心者なら大手のほうが無難かもしれないね。

一言に特許事務所と言っても、弁理士一人の個人事務所から弁理士だけで数十人を超える大手事務所までさまざまです。

この記事では、特許事務所の規模によってどういう特徴があるのか、また、転職・就職するならどの程度の規模の事務所がオススメかをお話したいと思います。

特許事務所の規模別の特徴

特許事務所を規模だけで語るのは無理がありますが、規模によってある程度共通の傾向が見られるのも事実です。

ここでは、大手特許事務所(所員数100名以上)、中堅特許事務所(所員数20~100名程度)、小規模特許事務所(所員数20名未満)とざっくり分類したうえで、それぞれの特徴を見ていきます。

大手特許事務所の特徴

所員が100人を超えるような大手特許事務所となると、一等地の立派なビルに事務所を構えていることが多いです。「高い家賃を所員に還元したほうがいいのでは?」と思うことも(笑)。

大企業のクライアントを複数抱えており、弁理士と特許技術者は、クライアントごと、あるいは、技術分野ごとにグループ分けされています。

その他にも、商標グループ、意匠グループ、翻訳グループ、図面グループ、調査グループなどがあることも。

大量の仕事を大人数で処理するために、業務の分担やフローが細かく決められています。きちんと組織化され、勤怠管理もしっかりしており、企業の雰囲気に近いと言えます。

経営は比較的安定しているものの、深夜まで電気が点いている事務所が多いです。ただ、忙しさについては、個人差やグループ差が大きく、みんながみんな多忙なわけではありません。

大手特許事務所はさっさと辞めるべき?
トンボ 転職するならやっぱり大手の特許事務所かな〜 カブト 未経験者なら小さい事務所より大手がいいかもね。 これまでいくつかの記事で、「未経験者なら大手特許事務所がオススメ」と...

中堅特許事務所の特徴

所員が数十名程度の中堅特許事務所は、大手特許事務所と小規模特許事務所の中間的な特徴を持っています。

大手特許事務所と比べると、良くも悪くも組織としては緩い感じになり、仕事の進め方なども各人でまちまちなことも。

また、勤務時間がフレックスだったり、在宅勤務が許されたりと、勤務形態の自由度が高い事務所も結構あります。

中堅特許事務所では、大企業のクライアントがいくつあるかが、経営の安定度に直結します。

大きなクライアントがいくつかあればいいですが、1、2社に頼っている事務所だと、そのクライアントに何かあったときに一気に経営が傾くというリスクがあります。

小規模特許事務所の特徴

所員数が20名未満の小規模特許事務所では、パッとしないビルの一室が職場であることも多く、華やかさはありません。

所長の目が全員に行き届き、所長の人柄や価値観があらゆるところに反映されやすくなります。仕事がどうこうと言う前に、所長との相性のほうが重要です。

人数が少ないために仕事が細分化されておらず、いろんな経験をすることができます(いろんな仕事をさせられます)。

例えば、特許業務だけでなく意匠や商標の業務もこなしますし、特許図面を自分で作成することもあります。事務的なことを弁理士が行うこともあります。

同じ小規模特許事務所でも、経営の安定度は事務所による差がかなり大きいように思います。

あなたにオススメの特許事務所は?

特許事務所の規模ごとの特徴をお話しましたが、「自分はどの規模が向いているのか?」と悩んでいる人も多いと思います。

ここでは、オススメの特許事務所を類型別にお教えしたいと思います。かなり個人的な意見となっていますので、話半分で読んでください(笑)。

はじめて特許事務所に転職・就職する人

新人であれば、ある程度規模の大きな特許事務所(大手か中堅で大きめのところ)が無難だと思います。

規模が大きいほど組織化が進んでおり、新人を教育する体制もそれなりに整っています。

また、新人だと年収300万円台も普通にあり得ますが、大手であれば中には500万円前後の年収を出してくれるところもあります。

所長が懇切丁寧に指導してくれる小規模特許事務所もいい選択肢ですが、そういう事務所は所員の定着率も高く、そもそも求人が少ないです。

特許事務所の求人を探すのに押さえておきたい転職サービスと転職サイト
トンボ 特許事務所の求人ってどうやって探したらいいんですか? カブト じゃあ、今日は特許事務所の求人の探し方について説明するね。 特許事務所の求人を探す方法は、企業の場合と比べ...

独立志向が強い人

「将来は独立開業したい」という気持ちが強い人には、独立の際に有益となる経験が積める小規模特許事務所をオススメします。

独立するためには、特許業務だけでなく意匠や商標の業務経験もあったほうがベターですし、事務処理の流れなども知っておく必要があります。

小規模特許事務所では、雑務も含めていろいろな仕事をする機会が多いので、独立開業に向けた修行場所としてはうってつけです。事務所を引き継がせてもらえる可能性もあります。

ワークライフバランスを重視する人

ワークライフバランスを重視するなら、中堅特許事務所が一番バランスを取りやすいと思います。

小規模特許事務所だとマンパワーが弱いので、仕事量の変動に振り回されやすくなります。そのため、長期休暇などの予定が立てにくいかもしれません。

一方、規模が大きくなると年間を通じて仕事が多く、慢性的に忙しい事務所が多いので、プライベートの時間が少なくなりやすいように思います。

ただし、どんな規模の事務所であっても、「休みが取れるか」や「早く帰れるか」は雰囲気によるところも大きいですので、社風(所風?)を見極めることが大事です。また、ワークライフバランスを実現しようという自分の意志も重要です。

とにかく稼ぎたい人

「バリバリ仕事をして稼ぎたい!」という人は、大手特許事務所で実績を上げるのが一番手っ取り早いでしょう。

それなりの忙しさは覚悟しないといけませんが、独立開業のようなリスクをとらずに、年収1,000万円を超える高給取りを目指すことができます。

処理件数をガンガン増やして年収アップを目指すというのも一つの手ですが、グループリーダーなどの管理職に就いたほうが安定した高給取りになれるでしょう。

弁理士の年収の現実は?弁理士なんてなるもんじゃない?
トンボ 弁理士って高給取りなんですよね? カブト 残念ながら弁理士というだけで高給取りにはなれないよ。 「弁理士って儲かるの?」 みなさん一番気になるのは、ここですよね。ネッ...
トンボ
トンボ

とりあえず大手のほうがよさそうだな・・・

カブト
カブト

ま、規模は1つの目安でしかないから、面接での印象や自分の直感を大切にね。