弁理士の将来性

弁理士の将来性

弁理士がこれから生き残るためには『特許オタク』を目指せ!

弁理士や特許事務所の置かれている状況は厳しいと言われています。しかし、地道に明細書作成や中間処理といった基本業務の能力を高めて、『特許オタク』であり続けることができれば一生安泰です。
2020.07.24
弁理士の将来性

弁理士の将来性。そんなに悲観しなくてもいい?

就職・転職を考えるとき、その職業の『将来性』って気になりますよね。弁理士の将来性について、『安定性』と『成長性』という2つの観点から語ってみました。
2020.07.22
弁理士の将来性

将来性ナシ?!これから弁理士を目指すなんてナンセンス?

「弁理士資格さえ取得できれば安泰」と言われていたのは昔の話。すっかり景気のいい話を聞かなくなった弁理士業界ですが、個人的にはそこまで弁理士の将来性を悲観することもないと思っています。
2020.07.20
弁理士の将来性

弁理士の独立開業はやめたほうがいい?

弁理士資格の最大の魅力は「独立開業がしやすい」ということにあるでしょう。弁理士が独立開業に向いている理由、それなのに私が独立をためらっている理由などについて書いてみました。
2020.07.20
弁理士の将来性

弁理士の仕事はAIに奪われてしまうのか?

すでに特許翻訳に関してはAIの存在感が増してきている昨今。本丸の弁理士業務もAIに取って代わられるのでしょうか?AIに関してはまったく素人ですが(笑)、私なりの見解をまとめてみました。
2020.07.18