弁理士

弁理士の仕事

弁理士に英語は必須!高い英語力で年収アップも!

弁理士が英語が流暢に話せる必要性はあまりありませんが、英語アレルギーがあるようだと少し厳しいかもしれません。弁理士の仕事ではどんな場面で英語が必要となるのか、また、どの程度の英語力が求められるのかについてお話しします。
弁理士の仕事

【読者からの質問】文系弁理士が特許業務を目指すのは非現実的?

読者さんからいただいた「文系出身者が特許業務を目指すのは非現実的か?」、「文系出身者の場合、どのような技術分野がやりやすいか?」といった質問に対して、私なりの回答をしています。
弁理士の仕事

文系の弁理士が理系の特許業界で生き抜くためには?

「理系が主流の弁理士業界で文系出身でもやっていけるの?」という質問に対して、私なりの答えをまとめてみました。少し厳しめの意見かもしれませんが、弁理士を目指すか迷っている文系の人の参考になれば幸いです。
弁理士の年収

弁理士の年収を5つの能力レベル別に見てみると?

弁理士の年収がどれくらいなのかを能力別にまとめてみました。弁理士や特許技術者の能力を5つのレベルに分類し、それぞれのレベルでどの程度の年収が見込めるのかについて書いています。
弁理士の労働環境

「特許事務所をクビになる」ってよくある話?

特許事務所は実力主義の厳しい世界なので、「クビが多いのでは?」ということを心配している人もいるのではないでしょうか。結論から言うと、まともな特許事務所であれば過剰な心配は不要です。特許事務所の解雇事情についてお話します。
弁理士の労働環境

特許事務所の残業事情や休暇事情の実態は?

特許事務所への転職を検討している人の中には「残業は多いの?」、「休みは取れるの?」といった点が気になっている人も多いと思います。特許事務所の残業事情と休暇事情についてお話しします。
弁理士の労働環境

弁理士に残業代は出ないって本当?

特許事務所では「弁理士に残業代を出さない」というのはよくある話です。それが違法性のあることなのかどうか知りませんが、私の知っている現状をありのままお話ししたいと思います。
弁理士の将来性

弁理士の将来性について語ってみる

就職・転職を考えるとき、その職業の『将来性』って気になりますよね。弁理士の将来性について、『安定性』と『成長性』という2つの観点から語ってみました。
弁理士の仕事

弁理士の仕事はいいも悪いもクライアント次第?!

弁理士(特許事務所)とクライアント(主に企業知財部)との付き合いは長く続くので、クライアントの良し悪しは重要です。弁理士や特許事務所にとっていいクライアント、イヤなクライアントってどんなクライアントなのでしょう?
弁理士の仕事

本当の技術好きは弁理士になってはいけない?!

弁理士は特許に関する仕事なので、画期的な最先端の技術に毎日接しているイメージが強いかもしれません。しかし、そこに魅力を感じて弁理士になると、夢と現実のギャップにがっかりするかもしれませんので要注意です(笑)。
弁理士の仕事

【弁理士の適性】弁理士に向いていない5つのタイプとは?

「弁理士に興味はあるけど、自分に向いているのかな?」と悩んでいる人は多いと思います。弁理士に向いていないと思うタイプを5つ挙げてみましたので、気になる人はチェックしてみてください。
弁理士の仕事

付記弁理士とは?苦労してなる意味はあるのか?

『付記弁理士』になれば、弁理士でも特許訴訟で代理人となることができます。付記弁理士になるにはどうしたらいいのか、付記弁理士になる意味はあるのかについてお話したいと思います。
弁理士の将来性

弁理士がこれから生き残るためには『特許オタク』を目指せ!

弁理士や特許事務所の置かれている状況は厳しいと言われています。しかし、地道に明細書作成や中間処理といった基本業務の能力を高めて、『特許オタク』であり続けることができれば一生安泰です。
弁理士の年収

弁理士が年収1,000万円を手堅く目指すには?

これから弁理士を目指す人、特許事務所に転職する人にとって、年収1,000万円というのは1つの目標になるはず。弁理士が年収1,000万円に手堅く到達するための方法をまとめました。
弁理士の仕事

弁理士試験に合格しても勉強は終わらない!

「弁理士は一生勉強!」とよく言われます。弁理士試験に合格したあとも、弁理士の勉強は一生続きます。弁理士になってからも続ける必要のある勉強にはどんなものがあるのかについてお話しします。