弁理士が年収アップを目指して独立開業するのはやめるべし?!

弁理士あれこれ
トンボ
トンボ

カブト先生は独立開業の予定はないんですか?

カブト
カブト

なかなか一歩踏み出す勇気がなくてね・・・

弁理士資格の最大の魅力。それは独立開業しやすいということに尽きるでしょう。

しかし悲しいかな、特許業界はリーマンショック以降の右肩下がりからいまだ立ち直れずにいます。そんな状況で、特許事務所を立ち上げてやっていけるのでしょうか?

この記事では、弁理士の独立開業について私が思うところを書いてみたいと思います。

弁理士の独立開業に伴うリスクは?

「独立開業」という言葉には、安定的な収入を捨てて、借金を背負って勝負に出るというような、ハイリスクハイリターンな響きがあります。

しかし、弁理士の独立開業に伴うリスクはそれほど大きくはありません。というのも、弁理士は以下の3つの点において恵まれているからです。

順番に見ていきましょう。

初期投資が少なくて済む

まず1点目は、弁理士の独立開業に初期投資は大してかからないという点です。

事務所を借りて開業となれば、それなりにまとまったお金もいりますが、そこは自分の財布と相談しながら決めればよいことです。

自宅開業であれば、パソコン1台あれば何とかなります。あとは、弁理士会の会費が毎月15,000円必要なくらいでしょうか。

弁理士が独立開業に失敗したからと言って、借金を返せずに破産申告・・・なんて事態になることはまずないでしょう。

ライバルが少ない

2点目に、腐っても(!)、弁理士です。

いくら特許業界の状況が厳しくなったとは言え、難関の国家資格の壁で守られており、権利化業務などは弁理士の独占業務となっています。このため、競争相手は限られています。

1.弁理士とは何かを簡単に説明すると?
トンボ 弁理士って一体何をするんですか? カブト 特許権や商標権を取るためのお手伝いをしているんだよ。 便利屋とよく間違われる弁理士(涙)。弁理士とは一体何者なのでしょう? ...

新しいライバルが次から次と現れるような飲食店の開業などと比べると、大変恵まれた環境です。

失敗しても勤務弁理士に戻れる

1点目と2点目はほかの士業にも共通することですが、3点目は弁理士ならではと言えるかもしれません。

それは、弁理士の場合、独立開業に失敗しても勤務弁理士に戻れるということです。

人から聞いた話ですが、例えば税理士とか行政書士の場合、独立してナンボみたいなもので、雇われの間は結構な安月給らしいです。

この点、弁理士は雇われでもそれなりの収入が期待できるので、仮に独立開業に失敗しても、勤務弁理士に戻れば食いっぱぐれることはないでしょう。

弁理士の年収の現実は?弁理士なんてなるもんじゃない?
トンボ 弁理士って高給取りなんですよね? カブト 残念ながら弁理士というだけで高給取りにはなれないよ。 「弁理士って儲かるの?」 みなさん一番気になるのは、ここですよね。ネッ...
弁理士の年収、6人の実態を暴露!!
トンボ 弁理士の年収について詳しく知りたいんですが・・・ カブト みんな気になるところだよね~ 以前、以下の記事をアップしたところ、結構なアクセス数となっています。 みな...

もちろん、多少のプライドは捨てる必要がありますが・・・

私が独立開業をためらう理由

ここまで読んだ人の中には、「そこまでリスクが低いなら独立すればいいのに!」と私にツッコんだ人もいるでしょう。

自分事となるとなかなかそうはいかないのです(苦笑)。

クライアント獲得が難しい!

私に限らず、弁理士が独立開業をためらう最大の理由は、クライアントを獲得する難しさにあると思われます。

特許出願の大半は大企業によるものですが、大企業の知財部は弁理士一人の個人事務所に依頼を出すことは滅多にありません。

大企業がダメなら、中小企業や個人発明家の仕事を受けるという手がありますが、継続的な依頼はあまり期待できないでしょう。

そもそも、弁理士には「営業はちょっと・・・」というタイプの人が多いですが、私もそんなタイプの人間なのです。

勤務弁理士も悪くない

上でも少し書きましたが、弁理士って『雇われ』でもそれなりの収入を得ることができます。しかも、独立して特許事務所を経営するよりも、安定的にその収入を維持することができます。

それに、独立したら意匠も商標も事務も雑務も何もかも自分でこなさないといけません。考えただけで「めんどくさ~」。

もちろん、雇われの身である以上、好き勝手はできませんし制約もいろいろあります。それでも弁理士は個人プレーで何とかなる仕事なので、かなりマイペースで仕事はできます。

というわけで、「収入もそこそこ」で「特許業務に集中できる」し「仕事の自由度もまあまあ高い」という勤務弁理士を辞める大きな理由が今のところ見当たらないのです。

一応大黒柱なので・・・

破産するようなリスクはないと言っても、独立開業してしばらくは収入がほとんどない状態が続くでしょうし、収入がそこから増えていく保証もありません。当たり前です。

人生のステージ的に、我が家はこれからどんどんお金が必要になります。それに、退職金や企業年金など大して望めないので、老後資金も自助努力でなんとかしないと!

・・・などと考え出すと、一家の大黒柱として収入大幅減というリスクを受け入れる覚悟が決まらないというのが正直なところです。

弁理士が独立開業するタイミングは?

仮に独立開業するとして、『独立開業するのにいいタイミング』ってあるのでしょうか。

私は回答できないので、実例だけ3つほど紹介しておきます。てんでバラバラなので、結論は「お好きなときにどうぞ」ということになるのでしょう(笑)。

独立開業して成功しているWさん

勤務弁理士として3年修業したのちに独立したWさんはこうおっしゃってました。

「最低限の仕事ができるようになったらさっさと独立すべき!勤務弁理士を続けて身に付く能力と、独立に必要な能力とは全然違う!」

さすが、独立して10年、すっかり経営を軌道に乗せているWさんの発言には説得力があります。

パートナーまで出世していたTさん

Tさんは、大手特許事務所に長年勤務し、パートナーまで昇りつめていたものの、お子さんが独立されたのをきっかけにご自身も独立されました。

おそらく、年収は激減だと思いますが、これまでの蓄えがたんまりとあるのでしょう。手にした自由を謳歌されている姿がまぶしいです。

「潮時かも」とつぶやくKさん

Kさんは、特許技術者として10年以上勤務しながら、弁理士試験に何度もチャレンジされていました。そして何度目かのチャレンジで弁理士試験に合格後、翌年にはあっさりと独立されました。

現在、独立されてから5年くらいですが、仕事の確保に苦労されているようです。先日お会いしたときには、冗談か本気か「そろそろ潮時かも」とボソッとおっしゃってました。

独立開業の魅力

独立開業の魅力が年収アップにあると考えていると、独立後に後悔する可能性が高いのではないかと思います。

もちろん、ビジネスの才覚があって、規模をどんどん拡大できるような人なら、勤務弁理士の限界を超えて稼ぐこともできるでしょう。しかし、そんな人はほんの一握りです。

もう少し現実味のある話をすると、独立開業後、まずは個人事務所の所長として経営を軌道に乗せることができれば成功者と言えるのではないでしょうか。

しかし、このような成功者であっても、一人でこなせる仕事量には限界があり、得られる収入はそれほど高くはないはずです。

個人事務所の所長である限り、自分で仕事をしないと収入は増えないという構図は、勤務弁理士と変わらないのです。

年収アップよりも、独立開業の一番の魅力は、「一国一城の主」になれることにあると思います。

少々リスクがあろうが、収入が減ろうが、「自分の裁量で好きにやれる!」ということに魅力を感じる人は、独立することでハッピーな人生を送ることができる可能性大です。

自宅開業して3年目の弁理士仲間が言ったことが、すべてを物語っているように思います。

「実入りは減ったけど何でも自由にできる!もう『雇われ』には戻れない!」

 

トンボ
トンボ

カブト先生、早く独立して僕を雇ってくださいよ!

カブト
カブト

僕もいろんな人にそのお願いをしてるんだけどね(苦笑)。