弁理士の年収の現実は?弁理士なんてなるもんじゃない?

年収・労働環境
トンボ
トンボ

弁理士って高給取りなんですよね?

カブト
カブト

残念ながら弁理士というだけで高給取りにはなれないよ。

「弁理士って儲かるの?」

みなさん一番気になるのは、ここですよね。ネット上では、厳しい現実を訴える記事もあれば、景気のよさそうな話も転がってます。

さて、実態はどうなんでしょうか?建前ナシで赤裸々にお話したいと思います。

弁理士の世界は成果主義

弁理士の世界は、基本的に売り上げに基づいて年収が決まる成果主義です。

年功序列の要素が取り入れられている特許事務所もありますが、その場合でも成果主義の色合いのほうが濃いでしょう。

弁理士が儲かるかどうかは、自分の実力次第です。

・・・で終わったら、身も蓋もありませんね(笑)。

弁理士の年収を試算してみる

弁理士の年収をざっくりと試算してみます。ここでは、細かいパラメータを省略して、

 「年収=年間売り上げ×還元率」

で年収が求められると仮定しましょう。

年間売り上げを計算する前提は以下の通り。

  • 週に明細書作成(特許出願)を1件、中間処理を1件のペースで処理
  • 売り上げは明細書作成が1件25万円、中間処理が1件8万円

すると、週の売り上げが33万円、年間の売り上げは約1,500万円となります。

4.弁理士の主要業務(明細書作成と中間処理)を具体例で説明してみると?
トンボ 弁理士の仕事内容について具体的に教えてください! カブト じゃあ、簡単な具体例を交えながら、できるだけわかりやすく説明するね。 弁理士の主な仕事は、特許権などの産業財産...

還元率は・・・、設定が難しいです(苦笑)。

一昔前は「年収の3倍稼げ!(=還元率33%)」なんて言われていたらしいです。しかし、最近は仕事の単価も下がり、1件にかかる処理時間も長くなっているため、還元率33%だとブラック特許事務所扱いされると思います。

ブラック特許事務所に人生を狂わされないようにするには?
トンボ ブラック企業ならぬブラック特許事務所ってあるんですか? カブト 「ノー」と答えたいんだけどね・・・。 すっかり世の中に定着した「ブラック企業」という言葉。 残念ながら...

ここでは、まあまあ良心的な特許事務所を想定して還元率50%とします。すると、年収は1,500万×50%=750万円となります。

 年収750万円

みなさんの感想はいかがでしょう?

もし、弁理士資格を取っただけでいきなりこれだけもらえたら、オイシイ仕事に間違いありません。

しかし、この試算で前提とした「週に明細書作成1件、中間処理1件」という処理件数は、簡単にこなせるものではありません。

この処理件数を安定的にこなせるようになるのは、素質があっても3~5年はかかると思います。何年やってもできない人もいます。

また、それだけの仕事が安定的に受注できるのかという問題もあります。

つまり、素質のある人が経営の安定しているまあまあ良心的な特許事務所に転職して3~5年後に得られる年収が750万円ということです。

弁理士は、決してオイシイ仕事ではありません。

弁理士の年収、6人の実態を暴露!!
トンボ 弁理士の年収について詳しく知りたいんですが・・・ カブト みんな気になるところだよね~ 以前、以下の記事をアップしたところ、結構なアクセス数となっています。 みな...

弁理士の年収の推移は?

特許事務所に入ったばかりの新人弁理士(特許技術者も含む)の場合は、年収300~500万円ぐらいです。最初はほとんど処理件数をあげられないことを見越して、低めでのスタートとなります。

6.弁理士と特許技術者の違いは?弁理士になることのメリットは?
トンボ 弁理士でなくても特許事務所で働けるんだったら、苦労して弁理士になる意味はあるんでしょうか? カブト そこをどう考えるかは、人それぞれかなぁ。 下の記事でも書いたように、...

そこからは、売り上げに応じてどんどん差がつきます。上で試算したように3~5年ぐらいで年収700~800万円に手が届く人もいれば、年収500万円前後で足踏みする人もいます。

上の試算条件以上のペースで仕事をこなしたり、外国出願(内外業務)を多く担当すれば、もっと売り上げも伸びて、年収1,000万円も目指せるかもしれません。

弁理士に英語は必須?内外業務・外内業務とは?
トンボ 弁理士になるには英語も話せないとダメですか? カブト 英会話の必要はあまりないけど読解力は必要だよ。 今や多くのビジネスマンが無縁ではいられない英語。弁理士も例外ではあ...

しかし、それができるのは、よっぽど効率よく仕事のできる人か、深夜残業も休日出勤もいとわずにがんばるような、ごく一部の人だと思います。

弁理士で年収1,000万円以上を目指すならば、ある程度の規模の特許事務所でリーダー職を目指すのが一番確実だと思います。

さらに、パートナーまで昇進すれば、年収1,500~2,000万円ぐらい??ご存知の方、教えてください(笑)。

もちろん、独立開業してもっと上を狙うという選択肢もあります。しかし、収入が途絶える、あるいは激減するというリスクもあるので、小心者の私は踏み出せずにいます・・・

弁理士が年収アップを目指して独立開業するのはやめるべし?!
トンボ カブト先生は独立開業の予定はないんですか? カブト なかなか一歩踏み出す勇気がなくてね・・・ 弁理士資格の最大の魅力。それは独立開業しやすいということに尽きるでしょう。...

弁理士なんてなるもんじゃない?

弁理士になるには、難関の弁理士試験に合格しないといけません。技術にも精通している必要があるし、英語力だって求められます。

その割には、弁理士は決して「高給取り!」って感じではありません。リーダー職になっても、大企業の課長職と同等か少しいいぐらいでしょうか。福利厚生や退職金制度まで考えると、大企業に完敗です。

「弁理士なんてなるもんじゃない」

この記事を読んで、そう思われた人もいるかもしれません。しかし、仕事には年収以外の要素もたくさんあります。弁理士という職業の評価は、結局のところ、みなさんが何を重視するかによって変わります。

個人的には、弁理士になって、特許事務所で働いて、よかったと思うことも結構あります。

まず、特許事務所は小さな組織なので、ややこしい人間関係や、面倒くさい会議や行事などがほとんどなく、仕事に集中しやすいです。社内政治のような面倒くさいことはあまり必要ありません。

チームワークよりも、個人プレーの世界なので、マイペースで仕事がしたい人には向いています。ときどき、人間関係がドライすぎると感じることもありますが(笑)。

また、成果主義というのは、厳しい側面もありますが、やったらやった分だけ報われるというのは正当な評価だとも言えます。

クライアントから信頼や評価を得たときには、弁理士としてのやりがいや自負を感じます。「先生」と呼ばれるのも嫌いじゃありません(笑)。

それに、実力がつけば、どこの特許事務所でも働けるため、普通のサラリーマンより身軽に生きていける感じがします。

・・・などなど。

年収だけに着目するのではなく、自分の価値観や性格などを見極めて、みなさんがいい転職をされることを願っています。

特許事務所の求人を探すのに押さえておきたい転職サービスと転職サイト
トンボ 特許事務所の求人ってどうやって探したらいいんですか? カブト じゃあ、今日は特許事務所の求人の探し方について説明するね。 特許事務所の求人を探す方法は、企業の場合と比べ...
トンボ
トンボ

弁理士でもウハウハなわけではないんですね。

カブト
カブト

ウハウハではないけれど、がんばれば報われる世界だと思うよ。