弁理士の予備校の比較-あなたにオススメなのはここだ!

予備校選び
トンボ
トンボ

予備校選びで悩んでしまって時間ばかりが・・・

カブト
カブト

大きな買い物だから悩むのは仕方ないけど、最後は思い切りも必要だよ!

弁理士の予備校(受験機関、資格スクール)を選ぶのに迷って、時間だけが過ぎている人いませんか?

この記事では、弁理士試験用の講座を提供している5つの予備校(LECTAC代々木塾資格スクエア通勤講座)を比較し、あなたにはどの予備校が合っているのかを一緒に考えたいと思います。

弁理士の予備校の価格比較

少し前までは、弁理士試験の予備校と言えば、LEC、TAC(旧早稲田セミナー)、代々木塾しかありませんでした。

しかし最近は、オンライン講座に特化した資格スクエア通勤講座といった新興勢力も登場し、受験生の選択肢も増えています。

下の表は各予備校の弁理士試験対策用の代表的なパックコースの価格を比較したものです。いずれも2019年合格目標のコースとなっています。

予備校コース名価格(税込み)
LEC1年合格ベーシックコース525,000円(通学)
483,960円(通信)
TAC1年本科生350,000円(通学)
365,000円(通信)
代々木塾論文短答入門コース342,360円(通学、通信)
資格スクエア基礎・短答・論文パック 248,000円(オンライン)
通勤講座総合(基礎/短答/論文)コース79,800円(オンライン)

LEC、TAC、代々木塾は30万円以上と高額なのに対し、オンライン予備校の資格スクエアや通勤講座はかなりリーズナブルになっています。

このような価格差が生じる理由は主に3つあるかと思います。

1つ目は、価格で勝負する必要性の違いです。

例えばLECは圧倒的な実績があってブランド力があるのに対し、まだ知名度の低いオンライン予備校は価格面での魅力を打ち出さないと集客が厳しいでしょう。

2つ目は、経費の違いです。

LECやTACといった大手予備校では校舎の家賃や広告宣伝費にかなりの費用を投じています。これに対して、オンライン予備校は大きな校舎は不要ですし、広告も控えめとなっています。

3つ目は、ボリュームや教材の違いです。

LECやTACのパックコースでは答練(答案練習会)や模試も含まれており、ボリュームが多くなっています。また、従来型の予備校では製本テキストが配布される一方、オンライン予備校はウェブテキストであることなどもコストの違いにつながっています。

以上のように価格の違いには、きちんと理由があるため、高いところがボッタクリというわけでもなく、反対に「安かろう悪かろう」というわけでもないと思います。

ちなみに、どの予備校も随時キャンペーンなどを催しているので、実際には上の表の価格より1割~2割ぐらい安く申し込めることが多いですよ。

トンボ
トンボ

予備校による価格差って大きいんですね。

カブト
カブト

高い安いには理由があるから価格だけで決めないようにね。

各予備校の特徴

各予備校の主な特徴を箇条書きで簡単に書いておきます。

LEC

  • 資格スクール最大手で弁理士試験でも圧倒的な実績を誇る
  • 佐藤先生、宮口先生、納冨先生、江口先生、馬場先生といった人気講師を複数抱える
  • 通学講座が開催されている都市が多い(東京、大阪、名古屋、京都)
  • パックコースの価格は高いが模試も含まれている

TAC(旧早稲田セミナー)

  • 資格スクール大手で早稲田セミナー時代からの実績あり
  • 弁理士講座の講師陣の層がやや薄いか
  • 通学講座は東京と大阪のみ
  • パックコースの価格はLECより安く、模試も含まれている

代々木塾

  • 弁理士試験に特化した老舗の予備校
  • ゼミに定評があるが、初心者には難しいという噂あり(昔のことか?)
  • 通学講座は東京のみ
  • パックコースの価格はTACと同程度だが模試は含まれない

資格スクエア

  • オンライン予備校の先駆け
  • 新興ながら最年少合格者を輩出するなど実績を伸ばしている
  • 受講生向けのイベントや相談窓口といったサポート体制もあり
  • 料金と講座内容のバランスがよくコストパフォーマンスに優れている

通勤講座

  • 弁理士講座は2017年10月にスタート
  • 同じオンライン予備校の資格スクエアと比べると少し内容が物足りない
  • 圧倒的に安いので独学の教材として最適

予備校の選び方

さあ、いよいよ、あなたに合った予備校を考えていきましょう。

予備校を選ぶにあたって、まずは受講スタイルを決める必要があります。

「勉強仲間を見つけたい」、「スケジュールが決まってないとサボってしまいそう」という人は、通学講座を選びましょう。

反対に、「自分のペースで勉強できるほうがいい」、「スケジュールの都合をつけるのが難しい」という人は、通信講座オンライン講座になります。

また、地方に住んでいる人は、通学講座の選択肢はありませんので、必然的に通信講座かオンライン講座となるでしょう。

さらに、通信講座かオンライン講座のどちらにすべきかについて考えます。この2つは違いがわかりにくいですよね。ちゃんと説明するのでご安心ください。

通信講座とは、従来型の予備校の通学講座の授業風景を録画したものをWebやDVDで提供するものです。ベースは通学講座となっており、教材も製本テキストがちゃんと送られてきます。

一方、オンライン講座とは、オンライン予備校によって提供される講座で、最初からパソコンやスマホへのネット配信を前提とした設計がされています。基本的に製本テキストはありませんが、パソコンやスマホでの勉強がしやすい最新システムとなっています。

このため、「紙ベース(製本テキスト)での勉強がいい」という人は、通信講座のほうが合っていると思います。

また、「できるだけ費用を抑えたい」、「スキマ時間を使ってスマホで学習を進めたい」、「オンライン講座の最新システムに興味がある」という人は、オンライン講座がオススメです。

さあ、これで通学講座、通信講座、オンライン講座のどれにするか決めることができましたね。

通学講座の場合:LECがオススメ

通学講座に決めたあなたの選択肢は、LEC、TAC、代々木塾の3つですが、LECを選ぶのがベストだと思います。

LECの講師陣や教材の質は定評がありますし、一発合格者の80%がLEC出身というほかの2社を寄せ付けない圧倒的な実績を誇ります。費用は一番高いですが、その価値は十分にあるでしょう。

LECの弁理士講座の評判は?一発合格も夢ではないって本当?!
トンボ LECって有名ですけど、いい予備校なんですか? カブト 長年の実績と安定感はピカイチだよ。 弁理士試験を独学で突破することは非常に困難です。そこで頼りになるのが予備校(...
LECの初学者向けの弁理士講座はこの三択で決まり!
トンボ LECの弁理士講座ってたくさんあるけど、いったいどれを選んだらいいんだろう? カブト 確かにLECは講座数が多いから迷うよね。初学者にオススメのパックコースについて説明するよ。 ...

TACや代々木塾も別に悪くはないと思います。ただ、私はTAC出身ですが、講座ごとに講師がバラバラですし、中には「う~ん」という講師もいました。代々木塾は知り合いがいないため、詳しく知りません。すいません・・・。

ちなみに、LECでどの講師の講座を選ぶかは、無料動画などを視聴して決めたほうがいいですよ。好き嫌いが結構分かれるところなので。

通信講座の場合:LECがオススメ

通信講座の場合も、LEC、TAC、代々木塾が候補となりますが、通学講座のところで書いたのと同じ理由により、LECがベストの選択肢になるかと思います。

オンライン講座の場合:資格スクエアがオススメ

オンライン講座の場合、選択肢は資格スクエアか通勤講座となります。

私がオススメしたいのは資格スクエアです。

資格スクエアについては、以下の記事に詳しく書きましたが、オンライン予備校でありながら、「基礎講座の製本テキストが配布される」という点や「サポート体制が充実している」という点が評価できます。

資格スクエアの弁理士講座の評判は?
トンボ 『資格スクエア』というオンライン予備校が気になってるんですが・・・ カブト トンボ君が前にそう言っていたから、少し調べてみたよ! 弁理士試験の予備校と言えば、少し前まで...
資格スクエアの評判は真実か?現役弁理士が試聴した感想は?
トンボ カブト先生、それ、何の動画ですか? カブト 実は資格スクエアの弁理士講座を受けてるんだ(笑)。 当ブログでは、弁理士試験の予備校としてをこれまでも何度か取り上げ、コスト...

オンライン講座は確かにスキマ時間をうまく使えていいのですが、何から何までWebテキストだとやりにくいと思います。その点、基礎講座の製本テキストを配布してくれるのは非常に好意的です。

サポート体制については、オンライン受講しながら質問ができたり、受験生向けのイベントを開催したり、相談窓口が設けられていたりと、オンライン予備校らしからぬ充実ぶりです。

通勤講座も悪くはなさそうですが、サポート体制が特に見当たらず、淡々と自分でこなしていける人でないと、なかなか勉強を続けるのが大変そうな気がします。

その代わり、通勤講座はかなり手ごろな価格なので、「独学でとりあえずやってみよう」と考えている人にはいい選択肢だと思います。

オススメの予備校のまとめ

長い記事になってしまいましたが、まとめるとこういうことです。

  • 通学講座、通信講座なら・・・LECがオススメ
  • オンライン講座なら・・・資格スクエアがオススメ

予備校選びに長い時間を割くより、さっさと予備校を決めて、早く勉強に打ち込んだほうが合格は確実に近づきます。

「そう言われても、まだ決められないよ~」という人は、まずは資料請求だけでもしてみるといいと思います。

LEC資格スクエアの比較をすれば、従来型予備校とオンライン予備校のさまざま違いが際立つので、どちらが自分に向いているかが見えてくると思いますよ。

まずは、一歩目のアクションを起こすことから始めましょう!

>>LECの無料資料請求はこちら
>>資格スクエアの無料資料請求はこちら

トンボ
トンボ

確かに予備校選びに時間をかけてたらダメですね!

カブト
カブト

よし、トンボ君も一歩踏み出そう!

弁理士試験の教材選びに迷っている人は、こちらの記事もどうぞ。

弁理士試験にオススメの参考書10選
トンボ 弁理士試験の参考書にはどんなものがあるんですか? カブト 予備校に通うか独学かによっても変わるけど、最低限必要なものだけ紹介するね。 弁理士試験にはじめてチャレンジする...