特許事務所への転職で押さえておきたい求人サイトと転職エージェント

特許事務所への転職。押さえておきたい求人サイトと転職エージェント特許事務所への転職
トンボ
トンボ

特許事務所への転職って自分で求人先を探すしかないんですか?

カブト
カブト

じゃあ、今日は弁理士や特許技術者の転職に役立つ情報を教えるね。

特許事務所の求人を探す方法は、一般企業の場合と比べて大きな違いはありません。

しかし、特許事務所に関しては、一般企業と比べるとネットで得られる情報が少ないので、押さえるべきところを押さえておきたいところです。

特許事務所における弁理士や特許技術者の求人を探す方法は、大きく分けて次の2つの方法があります。

  • 求人サイトで自分で求人を探す
  • 転職エージェントを利用する

この記事では、オススメの求人サイトや転職エージェントを紹介します。

PVアクセスランキング にほんブログ村

弁理士・特許技術者専門の求人サイト

まずは、特許事務所の求人情報を自分で探す場合に利用価値のある求人サイトを紹介します。

ただ、注意したほうがいいのが、求人サイトの求人情報は玉石混交であり、しかもその良し悪しを判断するための情報が特許事務所の場合は少ないという点です。

誤ってブラック特許事務所に入ってしまわないように、ネットの情報に頼るだけでなく、特許業界のことをよく知る人に話を聞くか、あとで紹介する転職エージェントを利用するのが無難です。

ブラック特許事務所に人生を狂わされないようにするには?
『ブラック特許事務所』に関する話は以前ほど聞かなくなりましたが、残念ながら完全になくなったわけではありません。「ブラック特許事務所を避けるにはどうしたらいいのか?」 その方法についてお教えします。

日本弁理士会の求人ページ

日本弁理士会の求人ページには、特許事務所の求人情報が多数掲載されています。

しかし、弁理士会のページに求人を掲載するのは無料のため、本気で採用する気のない特許事務所が「とりあえず…」といった感じで求人を出していることが多いです。

私も過去に利用したことがありますが、求人を載せておきながら、履歴書を出しても何の返事もないという特許事務所がいくつかありました。

ただ、弁理士会の求人ページでしか見つからない求人情報もあるので、一通り目を通しておくといいでしょう。

パテントサロンの求人スクエア

『パテントサロン』は知財情報全般を取り扱う有名なサイトで、この中に『求人スクエア』という求人情報のページがあります。

求人スクエアに求人情報を掲載するのは費用がかかるため、弁理士会の求人ページのような冷やかしはありません。

パテントサロンの求人情報は、常にアップデートされていて高品質なので、必ずチェックしておきたいところです。

特許事務所のホームページ

今や大小問わずほとんどの特許事務所がホームページを開設しており、求人情報も掲載されていることが多いです。

求人情報だけでなく、その事務所の雰囲気をホームページから感じられることもあるので、一度はチェックするとよいでしょう。

ただし、長期間更新されずに放置されているページも結構ありますのでご注意ください。

弁理士・特許技術者専門の転職エージェント

次に、本格的に転職活動を始める際には必ず利用したい転職エージェントの紹介をします。

弁理士・特許技術者の転職でオススメの転職エージェントは?
特許事務所への転職の際には、できるだけ転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。転職エージェントを利用することのメリット・デメリットやオススメの転職エージェントをお教えします。

転職エージェントとは、単に求人を紹介するだけでなく、専任のキャリアアドバイザー(エージェント)が転職コンサルティングも行ってくれるサービスです。

特許事務所未経験の人は不安も多くあるでしょうから、転職エージェントを利用して、特許事務所との間に立ってサポートしてもらうと安心です。

企業知財部への転職ならリクルートエージェントマイナビエージェントといった大手が強いですが、これら大手エージェントはニッチな特許事務所の求人にはあまり強くありません。

特許事務所に絞り込んで転職活動するなら、次の2つの転職エージェントが強いです。

リーガルジョブボード

特許事務所への転職活動で外せない転職エージェントは『リーガルジョブボード』です。

リーガルジョブボードをオススメする理由は次のとおり。

  • 弁理士専門(特許事務所専門)のエージェントがいる
  • 特許事務所の求人取扱数が業界トップクラス
  • サポートが手厚い
  • お祝い金がもらえる

リーガルジョブボードには、弁理士(特許事務所)専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、特許業界に対する精通ぶりには目を見張るものがあります。

私は採用側としてリーガルジョブボードのお世話になっていますが、その情報量には毎回驚かされます。

また、特許事務所の求人取扱数が非常に多いので、求職者にとっては一度にたくさんの選択肢を比較・検討できるのが大きなメリットです。

職務経歴書や履歴書を添削してくれるというのは、転職エージェントではよくあるサポートですが、リーガルジョブボードのサポートはこれにとどまりません。

本人に代わって年収交渉を行ってくれたり、希望すれば面接の場に同席までしてくれるという手厚さです。手厚すぎないですか?(笑)

リーガルジョブボードについては、下の記事でも詳しく書いていますので、興味のある人はどうぞ。

特許事務所の求人ならリーガルジョブボードを見逃すな!
『リーガルジョブボード』は特許事務所の求人を多く取り扱っているオススメの転職エージェントです。弁理士や特許技術者の求人を探している人の強い味方となってくれること間違いナシです。
【対談企画】リーガルジョブボードの弁理士担当者と本音トーク
知財転職エージェントのリーガルジョブボードで弁理士・特許技術者を担当している三島さんと対談させていただきました。正直ベースでいろいろ語っていただいたので、特許事務所への転職を考えている人は一読の価値アリ!

転職エージェントに1つだけ登録するとしたら、リーガルジョブボードで決まりでしょう。

>>リーガルジョブボードの無料登録はこちら

MS-Japan

『MS-Japan』も、特許事務所の求人を数多く取り扱っているので、リーガルジョブボードの次にオススメしたい転職エージェントです。

1つ文句をつけさせてもらうとしたら、特許事務所の求人が法律事務所の求人と一緒に扱われており、求人をやや探しにくいという点です。

トップページの求人検索の『スペシャリストで探す』にある『法律・特許事務所』をクリックし、そのあとさらに『特許事務所の求人』で絞り込んでください。

そうすれば、弁理士や特許技術者の求人を抽出できます。

余裕があれば、リーガルジョブボードと併せてMS-Japanにも登録しておけば、情報量と選択肢は増えるかと思います。

>>MS-Japanの無料登録はこちら

転職活動は早めに越したことはない

「いつか転職しよう」と考えている人は、そのアクションは今すぐ起こしたほうがいいです。

いよいよ、転職せざるを得ない状況になってから慌てて転職活動を始めると、情報も不十分なうえ、焦ってろくな転職活動ができません。

求人サイトで求人情報を眺めるだけなら今すぐにでもできることですし、転職エージェントへの登録は数分で終わります。

キャリアアドバイザーには、例えば「とりあえず今は情報収集だけで転職活動は来年始めるつもり」などと伝えれば、そのスケジュールに合わせたサポートをしてくれます。

転職活動を成功させるには、早めに一歩目のアクションを起こして求人の相場観を身に付けておくことが重要ですよ。

>>リーガルジョブボードの無料登録はこちら

>>MS-Japanの無料登録はこちら

トンボ
トンボ

転職エージェントは頼りになりそうだなぁ。

カブト
カブト

特許事務所と直接やり取りしなくてもいいのは本当に楽だよ。