特許事務所の求人を探すのに押さえておきたい転職サービスと転職サイト

特許事務所への転職
トンボ
トンボ

特許事務所の求人ってどうやって探したらいいんですか?

カブト
カブト

じゃあ、今日は特許事務所の求人の探し方について説明するね。

特許事務所の求人を探す方法は、企業の場合と比べて大きな違いはありませんが、求人数があまり多くないので、押さえるべきところをしっかり押さえておく必要があります。

特許事務所における弁理士や特許技術者の求人を探す方法は、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 転職エージェントを利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 求人情報を自分で探す

それぞれの方法でオススメのサービスやサイトを順番に紹介していきたいと思います。

特許事務所への転職活動で注意したいこと
トンボ 特許事務所への転職活動ってどうやったらいいんだろう・・・ カブト 心配しなくても、一般的な転職活動とそんなに違いはないよ。 特許事務所への転職・就職を考えている人の中に...

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、単に求人を紹介するだけでなく、専任のキャリアアドバイザーが転職コンサルティングも行ってくれるサービスです。

転職自体がはじめての人や特許事務所未経験の人は不安も多くあるでしょうから、転職エージェントを利用するのが一番だと思います。

キャリアアドバイザーが、あなたのキャリアの棚卸しをしてくれたり、転職活動のさまざまな相談に乗ってくれます。また、履歴書の書き方や面接の受け方についてアドバイスをもらうこともできます。

すごくありがたいのは、転職活動において一番気を遣う企業とのやり取りを、キャリアアドバイザーが代行してくれることです。なんと、本人に代わって年収交渉まで行ってくれます!

こんな至れり尽くせりのサービスですが、求職者が転職エージェントに登録するのは無料です。採用が決まった場合に、企業が成果報酬を転職エージェントに支払う仕組みになっているからです。

転職エージェントは大小合わせるとたくさんあるので、特許事務所の求人を扱っているエージェントを2つか3つくらい登録しておくことをオススメします。

というのも、キャリアアドバイザーがイマイチだった場合に、不本意な転職活動に終わってしまうリスクがあるからです。複数の転職エージェントに申し込んでおけば、信頼できる担当者のいるエージェントに絞り込んでいくことができます。

それでは、特許事務所への転職活動にオススメの転職エージェントをいくつか紹介しておきます。

リクルートエージェント

『リクルートエージェント』は、転職業界ナンバーワンで圧倒的な求人数を誇りますので、必ず登録しておきたいところです。

私も以前に利用したことがありますが(そのときは企業への転職でしたが)、有益なアドバイスをもらえましたし、最終的に満足のいく条件で転職をすることができました。

なお、サイトで検索できる求人情報はごく一部にすぎず、約80%が非公開求人となっています。この非公開求人の情報を得るためだけでも、リクルートエージェントに登録する価値はあると思います。

>>リクルートエージェントの無料登録はこちら

JACリクルートメント

『JACリクルートメント』は、リクルートエージェントDODAに続く転職業界第3位の転職エージェントです。

JACリクルートメントは、大手エージェントでは珍しくキャリアアドバイザーが企業営業も行っています。つまり、企業側の事情に精通したキャリアアドバイザーから直接アドバイスを受けられるというのが大きな魅力です。
 
また、士業などの専門職の転職に強く、サイトで検索するだけでも特許事務所の求人が多く見つかります。

>>JACリクルートメントの無料登録はこちら

MS-Japan

『MS-Japan』は、中堅の転職エージェントで士業などの専門職に特化しているのが特徴です。

聞いたことがない人も多いと思いますが、特許事務所の求人も数多く取り扱っているので、特許事務所への転職活動をするなら必ず登録しておきたい転職エージェントです。

>>MS-Japanの無料登録はこちら

トンボ
トンボ

こんな至れり尽くせりのサービスがあるなんて知らなかった・・・

転職サイトを利用する

次に転職サイトについて説明します。

転職サイトとは、サイトに会員登録することで、求人情報を自由に検索できたり、企業からのオファーを受けることのできるサービスです。

転職エージェントのようにキャリアアドバイザーに相談するということはできず、企業とのやり取りもすべて自分で行うことになります。

「そのうち転職しようかな」くらいの人は、まず転職サイトに登録して情報収集とオファー待ちをしておき、「本格的に転職活動しようかな」という段階で転職エージェントに登録するとよいでしょう。

リクナビネクスト

『リクナビネクスト』転職サイトの最大手で、リクルートエージェントと同じ株式会社リクルートキャリアが運営しています。

リクナビネクストは5,000件以上の求人(そのうち85%が他社にはない求人)を抱えているだけでなく、リクナビネクストに登録するだけで約400社の提携エージェントからも求人情報が届きます。

ハッキリ言って、転職サイトに関してはリクナビネクスト一本で十分だと思います。

余談ですが、私が以前在籍していた特許事務所でも、リクナビネクストでオファーを受けて転職してきた人がいました。登録だけしておいて、特許事務所からのオファーを待つのもアリですね。

>>リクナビネクストの無料登録はこちら

求人情報を自分で探す

最後は求人情報を自分で探すというものです。

転職エージェントや転職サイトは求職者にとって非常にありがたいサービスですが、デメリットがあるとすれば、見つかる求人が大手や中堅の特許事務所に偏りがちということです。

小さな特許事務所の場合は、転職エージェントに支払う成果報酬や、転職サイトに支払う求人掲載料が大きな負担となりやすいのです。

あなたにオススメなのはこんな規模の特許事務所
トンボ 特許事務所に転職するなら大きな事務所のほうがいいですか? カブト ケースバイケースだけど、初心者なら大手のほうが無難かもしれないね。 一言に特許事務所と言っても、弁理士...
大手特許事務所はさっさと辞めるべき?
トンボ 転職するならやっぱり大手の特許事務所かな〜 カブト 未経験者なら小さい事務所より大手がいいかもね。 これまでいくつかの記事で、「未経験者なら大手特許事務所がオススメ」と...

そこで、個人特許事務所から大手特許事務所まで幅広く比較検討したいという人は、以下で紹介するサイトで求人情報を探しましょう。

日本弁理士会の求人ページ

日本弁理士会の求人ページは、最も多くの特許事務所の求人情報が掲載されているページです。

ただし、弁理士会のページに求人を掲載するのは無料のため、多くの特許事務所が「とりあえず・・・」といった感じで求人を出しており、情報量は多いものの、その質はイマイチです。

私も過去に利用したことがありますが、弁理士会のページに求人を載せておきながら、履歴書を出しても何の返事もないという特許事務所がいくつかありました。

パテントサロンの求人スクエア

『パテントサロン』は特許業界ではすごく有名なサイトで、この中に『求人スクエア』という求人情報のページがあります。

求人スクエアに求人情報を掲載するのは多少の費用がかかるため、弁理士会の求人ページのような冷やかしの求人はありません。

このため、パテントサロンの求人情報は、常にアップデートされていて高品質です。

転職活動にかける時間がないという人も、パテントサロンの求人スクエアだけは必ずチェックしておきましょう。

各特許事務所のホームページ

今や大小問わずほとんどの特許事務所がホームページを持っており、だいたい求人情報のページも設けられています。

グーグルで『特許事務所 東京』とか『特許事務所 大阪』とか検索すれば、たくさんの特許事務所がヒットしますので、これをくまなくチェックするというのも1つの手です。

ただし、長期間更新されずに放置されているページも結構ありますのでご注意ください。

特許事務所の求人の探し方のまとめ

いろんな情報を一気にお伝えしたので、最後にオススメの特許事務所の求人の探し方を整理しておきます。

これだけ押さえておけば十分すぎるくらいだと思います。以上、参考にしていただけると幸いです。

トンボ
トンボ

転職エージェントは頼りになりそうだなぁ。

カブト
カブト

特許事務所と直接やり取りしなくてもいいのは本当に楽だよ。