弁理士に英語は必須?内外業務・外内業務とは?

能力・適性
トンボ
トンボ

弁理士になるには英語も話せないとダメですか?

カブト
カブト

英会話の必要はあまりないけど読解力は必要だよ。

今や多くのビジネスマンが無縁ではいられない英語。弁理士も例外ではありません。

弁理士の仕事ではどんな場面で英語が必要となるのでしょうか?また、どの程度の英語力が求められるのでしょうか?

この記事では、弁理士の仕事において英語が必要となる業務についてお話したいと思います。

英語が必要となる弁理士の業務

英語が必要となる業務や場面としては、次の3つが挙げられます。

  • 内外業務
  • 外内業務
  • 外国の弁理士やクライアントとの面会

順番に説明します。

内外業務

下の記事では、「弁理士の主な仕事は、特許権などの産業財産権を取得するための特許庁への手続きの代理業務である」というお話をしました。

1.弁理士とは何かを簡単に説明すると?
トンボ 弁理士って一体何をするんですか? カブト 特許権や商標権を取るためのお手伝いをしているんだよ。 便利屋とよく間違われる弁理士(涙)。弁理士とは一体何者なのでしょう? ...

ここで、『属地主義』という原則があって、例えば日本で取得した特許権は日本でしか効力を持ちません。このため、外国で特許権を取得したい場合は、外国の特許庁に手続きを行う必要があります。

しかし、日本の弁理士が代理できるのは、あくまでも日本の特許庁に対する手続きのみなのです。外国の特許庁に対する手続きは、外国の弁理士(『現地代理人』と言います)に依頼しなければなりません。

そこで、内外業務という業務が発生します。

『内外業務』とは、日本のクライアントが外国での権利化を希望している場合に、日本の弁理士が現地代理人に外国の特許庁に対する手続きの依頼・指示を行う業務です。

内外業務とは

中国や韓国の特許事務所は日本語に対応できるところが多いのですが、米国やヨーロッパの特許事務所はそうはいきません。日本語に対応できない外国の特許事務所とは、英語でやり取りすることになります。

内外業務において、明細書の英訳は翻訳者が行いますし、現地代理人とやり取りするためのレターの英訳は翻訳者や外国事務担当者が行うのが普通です。

多くの特許事務所は所内に専任の翻訳者がいますし、そうでない場合は外注することもあります。

しかし、英訳してもらった明細書やレターのチェックは弁理士が行いますし、現地代理人から送られてきた英語のレターや拒絶理由通知で引用された英語の特許文献などは、弁理士自身が読まなくてはなりません。

外内業務

『外内業務』とは、内外業務とは反対に、外国のクライアントが日本での権利化を希望している場合に、現地代理人からの依頼・指示に基づいて、日本の弁理士が日本の特許庁に対して手続きを行う業務です。

外内業務とは

外内業務において、英語の明細書の和訳は翻訳者が行いますし、現地代理人とやり取りするためのレターの英訳は翻訳者や外国事務担当者が行うのが普通です。

しかし、和訳してもらった明細書や英訳してもらったレターのチェックは弁理士が行いますし、現地代理人から送られてきた英語のレターなどは、弁理士自身が読まなくてはなりません。

以上のような内外業務や外内業務をこなしていくには、英語の読解力が必要となります。1つの目安として、TOEIC700点以上くらいの英語力はあったほうがよいでしょう。

ただ、過剰に心配する必要はありません。特許業界特有の用語や言い回しにはそのうち慣れますし、翻訳者にヘルプを求めることもできます。

外国の弁理士やクライアントとの面会

通常の業務とは少し異なりますが、ときどき現地代理人や外国のクライアントと顔合わせをする機会もあります。

このような場合、英会話ができるに越したことはありませんが、翻訳者が通訳として同席してくれれば何とかなります。

英会話もできれば外国出張などのチャンスが得られる可能性はありますが、弁理士の実務を遂行していく上で重要なのは会話力よりも読解力です。

英会話力はそこまで気にする必要はありません。

トンボ
トンボ

英会話は特に必要ってわけではないんですね。よかった~

弁理士もこれからは中国語?!

弁理士がある程度英語ができるというのは当たり前で、それが弁理士としてのウリになるようなことはあまりないでしょう。

ほかの弁理士との差別化を図るなら、これからは中国語かもしれません。

最近は中国人を採用する特許事務所が増加傾向にあります。それだけ中国語に対応できる人材のニーズが高まっているということです。

その一方で、中国語ができる弁理士が増えているという実感はないので、「中国語もできます!」というアピールができれば、ほかの弁理士と比べて頭1つ抜け出るかもしれません。

とは言っても、中国の弁理士は英語に堪能な人が多いので、中国語に手を出すよりはやはり国際語である英語力を向上させることのほうが優先順位は高いと思いますが・・・

トンボ
トンボ

まずは英語をがんばります・・・

カブト
カブト

英語が読めないと結構苦労するよ。がんばれ!