弁理士に残業代は出ないという噂の真実は?

年収・労働環境
トンボ
トンボ

弁理士には残業手当がないって聞いたんですが本当ですか?

カブト
カブト

確かに残業代が出ない特許事務所は多いね。

一般企業では、管理職になるまでは残業代が支給されるのが普通ですよね。しかし、多くの特許事務所では、管理職かどうかにかかわらず弁理士には残業代が支給されません。

私も、弁理士になってからは残業代をもらったことはありません。ただ、周りの弁理士もだいたいそうなので、「そういうものなのか」と深く考えずにいました。

しかし、これから弁理士を目指す人や、特許事務所に転職しようかと考えている人にとっては、気になる問題だと思います。

この記事では、なぜ弁理士には残業代が出ないのかについて考察してみたいと思います。弁理士の残業時間が気になる人は、下の記事を参考にしてください。

特許事務所は残業が多く休みが取れないって本当?!
トンボ 特許事務所は忙しい職場と聞いたんですが本当ですか? カブト 慢性的に忙しい事務所もあるけど、そうでないところも多いよ。 特許事務所への転職を検討している人の中には、「残...

弁理士は年俸制であることが多い

弁理士に残業代が支給されない大きな理由として、多くの弁理士は年俸制だからというのが挙げられます。「年俸には残業代も含まれているからね」というわけです。

ただし、年俸に残業代が含まれる場合でも、本来は月に何時間までの残業代が含まれるのかを規定し、規定時間を超える残業については残業代は支払われるべきものらしいです。

なので、必ずしも「年俸制=残業代ゼロ」とはならないのですが、実際には「年俸制=残業代ゼロ」という運用がなされている特許事務所が多いという印象です。

転職活動時に年俸が提示された場合には、「残業代は何時間分含まれているんですか?」と聞いてみるといいかもしれません。この質問に即答できる特許事務所は労務管理がしっかりしていると言えるでしょう。

ちなみに、弁理士の年収について詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になるかと思います。

弁理士の年収の現実は?弁理士なんてなるもんじゃない?
トンボ 弁理士って高給取りなんですよね? カブト 残念ながら弁理士というだけで高給取りにはなれないよ。 「弁理士って儲かるの?」 みなさん一番気になるのは、ここですよね。ネッ...
弁理士の年収、6人の実態を暴露!!
トンボ 弁理士の年収について詳しく知りたいんですが・・・ カブト みんな気になるところだよね~ 以前、以下の記事をアップしたところ、結構なアクセス数となっています。 みな...
弁理士の年収を能力レベル別に見てみると?
トンボ 特許事務所では年収ってどんな感じで増えていくんですか? カブト それは能力次第だから一言で答えるのは難しいなぁ。 弁理士の年収については、当ブログでも取り上げたことがあ...

裁量労働制で働いているのかも・・・

弁理士に残業代が支給されない理由として、「裁量労働制が適用されているから」というのも考えられます。

裁量労働制とはみなし労働時間制の一種であり、実際の労働時間にかかわらず、一定のみなし労働時間だけ働いたとみなされます。って、わかりにくいですよね・・・。

例えば、みなし労働時間が8時間と決められていれば、3時間しか働かなくても、12時間働いても、8時間働いたとみなされます。減給もなければ残業代も出ません。

みなし労働時間が10時間と決められていれば、法定労働時間(8時間)を超える2時間分は毎日残業代が支給されるということになります。

また、裁量労働制であっても、「深夜勤務や休日勤務した場合には残業代を支払わなければならない」という規定があります。

したがって、必ずしも「裁量労働制=残業代ゼロ」というわけではないのですが、みなし労働時間が法定労働時間内に決められており、深夜勤務や休日勤務をしていない場合には、残業代はゼロとなるようです。

裁量労働制が適法に運用されているかどうかは、みなし労働時間が何時間に規定されているか、深夜勤務や休日勤務をしたときの扱いがどうなっているかをチェックすればよいでしょう。

ちなみに、裁量労働制というからには、平日の昼間から酒を飲んでも、パチンコをしててもいいわけですが、そんな夢のある話(笑)は聞いたことがありません。

裁量労働制のもとで本当に自由な勤務時間で働いている弁理士がどのくらいいるのか、私も気になるところです。

特許技術者には残業代は支払われる?

ここまでは弁理士の話ばかりしてきましたが、弁理士資格を持たない特許技術者の残業代の扱いはどうなっているのでしょうか?

特許技術者であれば、一般的に年俸制や裁量労働制は適用されず、残業代は普通に支払われることが多いです。その代わり、弁理士手当は支給されませんし、基本給が弁理士よりも平均的に低めだったりします。

このため、同程度の評価の弁理士と特許技術者を比べると、どちらも残業が少ない場合は弁理士のほうが給料はよくなります。

ですが、残業時間が長くなると、特許技術者のほうが残業代で稼げるので弁理士より給料がよくなる、というのはあり得る話です。

6.弁理士と特許技術者の違いは?弁理士になることのメリットは?
トンボ 弁理士でなくても特許事務所で働けるんだったら、苦労して弁理士になる意味はあるんでしょうか? カブト そこをどう考えるかは、人それぞれかなぁ。 下の記事でも書いたように、...

ブラック特許事務所と決めつけないで総合的に判断を!

特許事務所って、世間的に言えば所詮中小企業なので、勤務規定や就業規則がきちんと整備されていないところも多々あります。

もちろん、労働基準法に違反しているのはいけませんが、結局は経営者と従業員との問題なので、双方が納得していれば、それでいいのではないかと個人的には思います。

私自身の話をすると、年俸制でもないし、裁量労働制でもないのですが、なぜか残業代は出ません。「それって、ブラック特許事務所じゃないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、私の場合、普段は残業もほとんどしてませんし、繁忙期に休日出勤したら代休が取れるし、ある程度の遅刻や早退も大目に見てもらえます。

「勤怠管理がしっかりされていない」と言われればその通りなのですが、勤怠管理が緩いおかげで働きやすいというところも多分にあります。

私の現状は私にとってはいいバランスなので、「残業代が出ないのはおかしい!」と争う気はありません。このあたりの考え方は人それぞれでしょうね。

「残業代が出なくても我慢しよう!」という気は毛頭ありませんが、弁理士として生きていくなら、残業代の有無を気にするよりかは、処理件数を増やして年俸交渉できっちりと対価をもらうことに集中したほうが生産的かもしれませんよ。

トンボ
トンボ

弁理士には「残業代で稼ぐ」みたいな感覚はないんですね。

カブト
カブト

特許技術者にはそういう感じの人も結構いるかなぁ。