【対談企画】リーガルジョブボードの弁理士担当者と本音トーク

リーガルジョブボードの弁理士担当者と本音トーク特許事務所への転職

リーガルジョブボードは法律系専門職に特化した転職エージェントで、特許事務所への転職にも強いエージェントです。

特許事務所の求人ならリーガルジョブボードを見逃すな!
『リーガルジョブボード』は特許事務所の求人を多く取り扱っている転職エージェントです。弁理士や特許技術者の求人を探している人にはマストなこの専門エージェントについて詳しく解説します。

今回はリーガルジョブボードで弁理士・特許技術者の担当をされている三島さんと対談させていただく機会をもらったので、みなさんと共有したいと思います。

仕事に熱く、フットワークの軽い三島さん。

こちらのツイートからもわかるように勉強熱心な方で、特許業界についてもかなりの情報通です。

今回は答えにくい質問にも正直ベースで回答していただく本音トークでしたので、ここでしか得られない情報もあるかもしれませんよ。

特許事務所への転職について

カブト
カブト

三島さん、今日は答えにくい質問もさせていただきますが(笑)、宜しくお願いします。

三島さん
三島さん

カブトさん、お手柔らかにお願いします(笑)。

特許業界の景気は?

カブト
カブト

まずは、特許業界の近況について聞かせてください。特許事務所の景気の厳しさが語られるようになって久しいですが、三島さんの印象はどうですか?

三島さん
三島さん

どこの特許事務所の先生からも、景気のいいお話はあまり聞かないですね…。大手からたくさん案件をもらっている大手事務所でも、出願時の単価を抑えるように言われて、なかなか大変な状況のようです。

特許事務所に転職する意味は?

カブト
カブト

そんな状況の中、あえて企業ではなく特許事務所に転職する意味ってあると思いますか?

三島さん
三島さん

求職者様それぞれの転職の目的によりますが、私個人の意見としては意味があると考えています。年収が高いから企業へ行きたいと考える方もいらっしゃいますが、特許事務所でも景気がよく歩合率がよいところもあります。私も事務所の方からお話を伺うときに、「そんなに初年度から年収がもらえるのか?!」と驚くこともありますよ。

カブト
カブト

どういう事務所が比較的高待遇ですか?

三島さん
三島さん

内外や外内を多く扱う事務所は、まだまだ景気がよさそうです。また、スタートアップ企業や中小企業の支援を積極的に行っている事務所は、単価も一定以上確保できており、案件数もそれなりにあるようです。

カブト
カブト

やっぱり単価が重要ですよね。薄利多売みたいな商売は身が持ちません(笑)。

三島さん
三島さん

あと、特許事務所の働きやすさも変わってきており、ある程度自由な環境でお仕事をされたい方にとっては、特許事務所はまだまだ魅力的な職場ではないかと思います。

 

カブト
カブト

事務所による差もありますが、確かに個人が自由に働きやすい風潮はありますね。

三島さん
三島さん

ええ、そう思います。

特許事務所への転職理由で多いのは?

カブト
カブト

特許事務所に転職する人って、どういう理由で転職する人が多いですか?

三島さん
三島さん

未経験者の方は「明細書を作りたい」、「幅広い技術に触れたい」、「専門家としてやっていきたい」などが挙げられます。現職が特許事務所の方は、「事務所の経営が不安定なので安定した環境に行きたい」、「年収を上げたい」、「英語力を活かしたい」、「上司と合わない」などが多い印象です。

転職時に年収を上げることは可能?

カブト
カブト

「年収を上げたい」という希望は叶えられるものですか?転職時は年収が下がるのが一般的だと思いますが…。

三島さん
三島さん

確かに年収が下がるケースもあります。ただ、実務経験やバックグラウンドによりますが、6~7割の方は年収が下がらずに転職されています。理由は、事務所様が求めている求職者様をご紹介できているからだと考えています。

転職回数は多くても大丈夫?

カブト
カブト

転職を考えている人の中には、自分の転職回数の多さを気にしている人もいるようですが、そのあたりはどうですか?

三島さん
三島さん

残念ながら、日本では転職回数が多いと煙たがれる可能性が高いため、あまり回数を増やさないことを推奨します。ただ、面接官を納得させられる転職理由の伝え方次第では、問題ないと考えております。この点については、私と一緒に伝え方を考えましょう(笑)。

  • 特許業界の景気はあまりよくないが、高待遇の特許事務所もまだある
  • 働きやすさの点で特許事務所は有利
  • 転職時に年収が下がらないケースも意外と多い
  • 転職回数は多すぎないほうがよいが、多くても理由の伝え方で何とかなる

転職エージェントを利用することのメリット・デメリット

カブト
カブト

次は、特許事務所への転職に転職エージェントを利用することについて質問させてください。

三島さん
三島さん

どうぞ、どうぞ。

転職エージェントの利用率は?

カブト
カブト

特許事務所の転職ではどれくらいの割合の人がエージェントを利用していますか?ざっくりで結構なので。

三島さん
三島さん

4割ぐらいじゃないでしょうか。一般的な職種の転職よりもエージェントの利用率は低いと思います。まだ、知財業界にエージェントを使った転職活動が浸透しきっていないと思います。

転職エージェントを利用することのメリットは?

カブト
カブト

「企業への転職なら転職エージェントは必須だけど、特許事務所なら不要」と考えている人もいるみたいです。エージェントを利用するメリットって何でしょう?

三島さん
三島さん

一般的なメリットとして、「年収交渉ができる」ことや「第三者に転職相談ができる」ことが挙げられます。年収に関しては、事務所様が必要としている人物像を把握しているエージェントだからこそ、対応ができることだと考えております。

カブト
カブト

私も10年以上前に特許事務所に転職したときにはエージェントを利用しましたが、「相談できる」、「アドバイスがもらえる」というのは確かに大きな安心感がありました。

三島さん
三島さん

特許事務所への転職でエージェントを利用するメリットは実はほかにもありまして、それは「働き方に関する交渉」ができることです。

カブト
カブト

と言いますと?

三島さん
三島さん

求人情報にはない「在宅勤務」、「時短勤務」、「業務委託契約」などの交渉ができることがあります。業界の深刻な人手不足を解消するために、上記の働き方を提案させていただいた結果、「働き方に関する交渉」ができる特許事務所が増えてきました。これはなかなか求職者様おひとりでは難しいと思います。

転職エージェントを利用することのデメリットは?

カブト
カブト

では、反対にエージェントを利用することのデメリットって何かありますか?

三島さん
三島さん

採用活動に対してあまり費用をかけることができない事務所様や、採用が上手くいっている事務所様は、エージェントから紹介ができないことがあります。そのため、事務所によっては、個人でご応募いただくことを伝えるようにしています。

カブト
カブト

そうしたら、エージェントには手数料が入ってこなくなりますよね。いいんですか?

三島さん
三島さん

ビジネスなので手数料については考えなければならないと思いますが、エージェント個人は「求職者様が自分らしく働ける環境に導くお手伝いをする」ことが重要だと考えています。かっこをつけたことを言ってしまうかもしれませんが、手数料のことはまずはさておき、求職者様が幸せに働ける環境であれば、私個人としては特に問題ありません。

カブト
カブト

ちょっと意地悪な質問でした(笑)。

  • 特許事務所への転職で転職エージェントを利用する割合は4割程度
  • 転職エージェントを利用するメリットは「年収交渉ができる」、「第三者に転職相談ができる」、「働き方に関する交渉ができる」など
  • 中には転職エージェントが紹介できない特許事務所もある

リーガルジョブボードの強みや評判は?

カブト
カブト

最後にリーガルジョブボードの転職サポートについて、質問させてもらってもいいですか?

三島さん
三島さん

何でも聞いてください!

リーガルジョブボードの認知度は?

カブト
カブト

知財系の転職を扱うエージェントはいくつかありますが、御社の認知度はどうですか?

三島さん
三島さん

知財業界での転職市場として、弊社のポジションはまだまだだと思います。「弁理士 転職」で上位表示されるようになりましたが、弊社の口コミが業界内でまだ広がっていないように思っています。もっと知財業界の方々に知ってもらう努力をしないといけないと感じています。

カブト
カブト

弁理士試験合格者の交流会を開催したり、弁理士イベント「特許の鉄人」のスポンサーをされたり、かなり精力的に活動されてますよね?

三島さん
三島さん

まだまだです。私は本気で知財業界のエージェントとしてナンバーワンを取りに行くつもりでいるので、その熱意は誰にも負けないですね!熱意だけではなく、実績もしっかり積んで行かなければなりませんが。

カブト
カブト

三島さん、本当に熱いですよね(笑)。

リーガルジョブボードの強みは?

カブト
カブト

ほかのエージェントとは違う御社の強みって何かありますか?

 

三島さん
三島さん

「知財業界に精通したエージェント」が「素早く対応できる」点だと考えております。一般的なエージェントは、幅広い職種や業種を扱うことが多いのですが、私たちの場合は、知財系人材に特化しておりますので、細かいところまで情報提供や提案が行えます。

カブト
カブト

素早く対応できるのには何か理由があるんですか?

三島さん
三島さん

弊社のコンサルタントは、採用側(事務所側)の対応と応募側の対応をどちらも行う『両手型』のスタイルで業務を行っております。このため、他社様に比べると社内での連携の手間がほとんどなく、求職者様の要望にも素早く対応可能となっています。

カブト
カブト

私も経験ありますが、転職活動のときって大きな不安を抱えているので、連絡が遅いのはマイナスです。素早さは大きな武器ですね。

三島さん
三島さん

ありがとうございます。あと、積極的な提案で、事務所様と求職者様どちらとも幸せになれるように手助けすることを心がけています。

カブト
カブト

具体的にどんな提案ですか?

三島さん
三島さん

例えば、現状、在宅勤務や時短勤務をさせてくれる事務所様が少なく、仕事を辞めてから復帰をすることができないママさん弁理士を多く見てきました。「在宅勤務や時短勤務をされたい弁理士の方が多くいるので、求人に記載するとニーズがありますよ!」と根気強く提案していたら、ママさん弁理士向けの求人を多く獲得することができました。

カブト
カブト

それはまさにウィンウィンですね。特許業界の人間として、お礼申し上げます(笑)。

三島さん
三島さん

いいえ、とんでもありません。

転職が難しそうな人にはどう対応する?

カブト
カブト

求職者の中には「この人は厳しそう…」という人もいますよね。そんなときは正直にお伝えするのですか?

三島さん
三島さん

はい、正直にお伝えいたします。現状の転職事情をお伝えした上で、求職者様のご要望が厳しいと感じたら正直ベースでお話をします。ただ、大体の方の要望は、絶対に叶わないものではないので、諦めずに1度は探してから、求職者様へ報告するようにしています。

ブラック特許事務所を紹介することは?

カブト
カブト

求人の依頼があった事務所がブラック事務所っぽいところだったらどうされるんですか?

三島さん
三島さん

人材会社は、求人掲載の依頼があると拒否することできません。そのため、求人の掲載はせざるを得ません。ただ、求職者様への積極紹介は避けているのは事実です。あくまでもそれぞれのニーズに合わせてご案内するように心がけています。

カブト
カブト

最近はブラック特許事務所も少なくなったみたいですけどね。

三島さん
三島さん

ちなみにですが、2020年3月から労働法が変わり、求人掲載の拒否をすることができるようになる記事なども出ているため、今後人材会社のあり方は大きく変わるかもしれません。

訪問取材で特許事務所の内情もしっかり把握

カブト
カブト

ブラックというわけじゃないにしても、転職して人間関係がよりきつくなったみたいなオチはみんなイヤだと思うんですが、そういうのって事前に回避できますか?

三島さん
三島さん

求人先とのコミュニケーションの質によっては回避できます。ただ、求人先から訪問取材を拒否されることもあり、内情を把握できないことがあるのも事実です。

カブト
カブト

私からすると、大事な採用活動のための訪問取材を断る事務所が理解しがたいです。

三島さん
三島さん

忙しいという理由やそこまで採用に力を入れていない事務所様は、取材を断る場合もあるようです。ほかにもいろいろな事情があるのでしょうね。

エージェントが面接に同席しても大丈夫?

カブト
カブト

そうそう、御社のサービスで、「求職者が希望すれば面接に同席してくれる」というのがありますよね。すごく親身なサービスだと思うんですが、特許事務所から見たら「頼りない人だ」という印象を与えてしまいませんか?

三島さん
三島さん

面接に同席する目的を事務所様にきちんと伝えることで、そのような印象とならないように対応しています。「中立な立場となり話を伺うことで、双方に適切な提案をするため」、「私自身の業界知識を増やしていき、事務所様によりよい提案を行うため」という説明を事前にさせていただきます。

リーガルジョブボードの評判は?

カブト
カブト

さすが、細かい心配りですね。最後に、御社を利用した人の評判を聞かせてください。

三島さん
三島さん

最近、求職者様から伺った話ですと、「子育てをしながら業務を行えるようになった」ということをよく伺いますね。先ほどお話ししたママさん弁理士向けの求人を提案した成果だと思います。他の方ですと、「20代で知財業界に飛び込むことができて、楽しんで仕事ができてます!」とか「定年後、また業界で働くことができて感謝しています!」など、うれしいお声をいただけることもありますね。

カブト
カブト

人から喜んでもらえるって、仕事をしてて一番うれしい瞬間ですよね。弁理士の仕事をしてても、クライアントに喜んでもらえたときが一番充実感を覚えます。

三島さん
三島さん

本当にありがたい限りです。

カブト
カブト

三島さん、今日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。答えにくい質問にも対応していただき感謝です!

三島さん
三島さん

カブトさん、こちらこそありがとうございました。

  • リーガルジョブボードの強みは「知財業界に精通したエージェント」が「素早く対応できる」こと
  • 積極的な提案で事務所と求職者のウィンウィンの関係を手伝うことを心がけている
  • 転職が厳しそうな求職者には正直に伝える
  • ブラックと思われる特許事務所を積極的に紹介するようなことはない
  • エージェントが面接に同席する場合はマイナス点にならないよう事前にフォローする

いかがでしたか?三島さんファンになった人もいるのでは?(笑)

リーガルジョブボードには、下のリンクから無料で登録することができます。登録フォームは氏名や住所などを記入するだけの簡単なもので1~2分で完了します。

>>リーガルジョブボードの登録ページ

こちらの記事でも書いたように、リーガルジョブボードは、特許事務所に転職するなら最初に登録しておきたいエージェントです。

弁理士・特許技術者の転職でオススメの転職エージェントは?
特許事務所への転職の際には、できるだけ転職エージェントを利用したほうがいいでしょう。転職エージェントを利用することのメリット・デメリットやオススメの転職エージェントをお教えします。

いきなり自分で特許事務所に直接応募すると、特許事務所の求人の相場を知らないまま、悪条件で転職してしまう可能性があります。

また、ハズレの転職エージェントに申し込んでしまうと、ブラック特許事務所に送り込まれる危険性もあります。

特許業界に精通した転職エージェントの力を借りるのが、転職活動成功への近道です。

>>リーガルジョブボードの登録ページ