7.弁理士になるには?弁理士試験に合格するしかない?!

弁理士のキホン
トンボ
トンボ

弁理士になるにはどうしたらいいんですか?

カブト
カブト

弁理士試験に合格するのが王道だね。

弁理士になるにはどうしたらよいのでしょうか?

「弁理士試験に合格する」というのは正解ですが、実はこれ以外にも方法があります。また、弁理士試験に合格するだけでは不十分です。

この記事では、弁理士になる方法について説明したいと思います。

弁理士になるには?

弁理士になるには次の3つの方法があります。実は、弁理士試験に合格することが、弁理士になるための唯一の方法ではないのです。

 1.弁理士試験に合格すること
 2.弁護士資格を取得すること
 3.特許庁において、通算7年以上審判官または審査官として従事すること

では、これから弁理士を目指す場合、どの方法を選ぶのが現実的なのでしょうか?

先に結論を言うと、弁理士になるには弁理士試験に合格するのが一番手っ取り早いです。

2番目の弁護士になるという方法は、知財訴訟を専門にする弁護士が弁理士にも登録する際に利用されるにすぎません。

3番目の方法は、特許庁を退職した審査官や審判官が、弁理士として特許事務所などに再就職をする際に使う手です。

これから弁理士を目指そうとする人が、弁理士資格よりも難関の弁護士資格をわざわざ取得したり、特許庁に7年も勤務するというのは非現実的です。

というわけで、「弁理士に簡単になる裏技があるの?!」と期待していた人には申し訳ありません。弁理士を目指すと決めたら、真面目に弁理士試験の勉強をしてください(笑)。

トンボ
トンボ

裏技をちょっと期待してたのに・・・

弁理士試験の難易度

弁理士試験には学歴や年齢などによる受験制限はありませんが、非常に難易度の高い試験となっています。

合格率は高い年でも10%前後で、合格者数の上位は東大、京大、阪大といった難関大学の出身者が占めます。

弁理士試験の合格率

しかし、過剰に心配する必要はありません。おそらく受験生の半数以上は真剣に試験勉強に取り組んでいるとは言えないので、実質的な合格率は20%前後に落ち着くのではないかと思います。

合格率20%であれば、がんばれば手が届きそうな気がしますよね。

2017年度の弁理士試験の統計では、最終合格を果たすまでの平均受験回数は4.2回となっています。年1回の試験ですから、合格までに平均で4〜5年を要するということになります。

弁理士試験に合格するのに、特別な才能は求められませんが、努力と根気が必要であることは間違いありません。

下の記事で詳しく書いていますが、弁理士試験を独学で乗り切るのは現実的ではなく、予備校(受験機関、資格スクール)に通うのが一般的です。

弁理士試験に独学で合格できるか?
トンボ 弁理士試験は独学でもなんとかなりますか? カブト 予備校に頼らずに最終合格まで勝ち取るのは相当難しいと思うよ。 弁理士を目指そうと決めたものの、予備校(受験機関、資格ス...
弁理士試験に予備校は必須!本命はLEC!資格スクエアも要チェック!
トンボ 予備校に通うか独学でがんばるか、そこが悩みどころだ・・・ カブト お金の都合さえつくなら、予備校に通ったほうがいいと思うよ。 弁理士試験にチャレンジすると決めて、最初に...

弁理士試験の内容

弁理士試験の内容を簡単に説明します。

弁理士の実務では技術の理解力が重要ですが、弁理士試験は基本的に特許法などの法律に関する知識や理解力を問う試験となっています。

弁理士試験は1次~3次試験まであり、1次が短答試験、2次が論文試験、3次が口述試験となっています。

弁理士試験の内容

弁理士試験の詳細は特許庁のサイトで確認できますので、受験を考えている方は目を通しておいてください。

短答試験

短答試験の試験科目は、四法(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)、著作権法、不正競争防止法、条約、と多岐にわたっています。

短答試験はマーク式ですが、試験範囲が広いうえに、かなり細かい点まで問われる試験となっており、ここで苦戦する受験生も多いです。

2016年度から科目ごとに足切り点が設定されたので、いずれかの科目を捨てて他の科目に集中するという作戦が立てにくくなりました。

論文試験

論文試験には、必須科目と選択科目があります。試験科目は、必須科目が四法、選択科目が理工I~Vおよび法律の中から1つ選択します。

選択科目の理工I~Vは、法律とは関係のない理系科目です。理系の人は、理工I~Vの中から自分の専攻が含まれる科目を選択するのが一般的です。文系の人は、法律を選択すればよいと思います。

なお、修士・博士の学位を持っている人や、技術士、一級建築士、薬剤師などの資格を持っている人は、選択科目が免除されます。免除条件に該当するかどうかを、特許庁のサイトで確認しておきましょう。

論文試験の必須科目は、四法に関する応用力を問われる難しい試験であり、弁理士試験の最大の山となっています。ここをクリアできれば、最終合格は目前です。

口述試験

短答試験と論文試験をクリアしたら、最後は口述試験です。四法に関する基本的な知識が問われる面接試験です。

口述試験は、決して難しいわけではないのですが、耐え難い緊張感に満ちた試験であり、油断していると落ちることも十分にあり得ます。

試験官や問題に当たり外れがあるため、運のウェイトが高い試験ですが、運に任せることなくしっかり準備することが必要です。

免除制度

短答試験と論文試験の必須科目は、1度合格すると2年間はその試験が免除になります。また、論文試験の選択科目は、1度合格すると永久に免除されます。

免除制度をうまく利用すれば、1年目に短答合格、2年目に論文合格、3年目に口述合格というように、毎年1つずつ確実にクリアしていくという戦略もあり得ます。

ただし、免除期間が切れるとまた受験し直しとなり、そのときにモチベーションを維持するのは大変です。短答試験に合格したら、免除期間内に一気に最終合格を勝ち取りたいところです。

トンボ
トンボ

はぁ、なんだか気が遠くなってきました・・・

カブト
カブト

確かに簡単ではないけれど、努力と根気があれば大丈夫!

弁理士登録には実務修習が必要

苦労の末、弁理士試験に合格したとしても、それですぐに『弁理士』と名乗れるのかと言えば、そうではありません。

弁理士試験に合格後、所定の実務修習を修了し、弁理士登録を行うことで、晴れて弁理士となります。

弁理士登録までの手順

弁理士試験が法律の知識や理解力を問うのに対し、実務修習はその名の通り、実務に役立つカリキュラムとなっています。

実務修習は、実務経験がない場合には非常に有益ですし、同期合格者との交流を深めるのによい機会です。

しかし、eラーニング研修(動画視聴による研修)に加えて集合研修もあります。集合研修での課題が不出来の場合はやり直しもあります。仕事をしながら実務修習をこなすのはなかなか大変です。

弁理士試験からやっと解放されたと思ったら、次は実務修習で3ヵ月ほど悪戦苦闘する日々が待ってます。このことはあらかじめ知っておいたほうが、ショックが少なくて済むでしょう(笑)。

弁理士になるのに必要な費用は?

弁理士になるための労力的な負担も大変ですが、弁理士になるための金銭的な負担もかなりのものです。

弁理士試験の予備校の費用に数十万円、実務修習を受けるのに約12万円、登録費用に約10万円かかります。さらに、登録後は弁理士会への会費として毎月15,000円が必要となります。

特許事務所に勤務している場合は、実務修習の費用、登録費用、会費は事務所が負担してくれます。

しかし、企業知財部に勤務している場合は、会費すら出してくれないところもあるので、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

5.弁理士の勤務先は特許事務所か企業知財部のほぼ二択
トンボ 弁理士になったら、どんなところで働くんですか? カブト ほとんどの弁理士は、特許事務所か企業の知財部のどちらかで働いているよ。 弁理士の勤務先ってどんなところか、みなさ...

まとめ

弁理士になるための道のりは決して楽ではありません。

でも、弁理士試験は、途中であきらめなければ、特別な才能などなくても合格できる試験です。特に免除制度をうまく利用すれば、短期合格も可能ですのでぜひチャレンジしてください!

弁理士になるには、現実的には弁理士試験に合格するしかない。
弁理士試験に合格した後も、実務修習というハードルが待ち構えている。
弁理士になるには、努力と根気、そして結構なお金が必要。でも、特別な才能はいらない。
トンボ
トンボ

努力と根気か・・・。がんばってみようかな。

カブト
カブト

そうこなくっちゃ!

『弁理士のキホン』の記事は以上です。お疲れさまでした!