特許事務所の年度末は忙しい!

年収・労働環境
トンボ
トンボ

カブト先生、最近忙しそうですね。

カブト
カブト

年度末でバタバタしてて、トンボ君の相談に乗ってあげられなくてごめん!

年度末に仕事が忙しくなる会社は多いですよね。

弁理士も例外ではありません。以前よりは少なくなりつつあるものの、年度ごとに出願件数のノルマを設定している知財部は結構あります。

そういった知財部から特許事務所への特許出願の依頼件数は、3月末や9月末に向けて急増します。私も最近は3月末期限の案件に追われています(苦笑)。

特許事務所によって異なる年度末対応

年度末に急増する特許出願の件数に対して、特許事務所の対応は、大きく以下のタイプA、Bに分かれます。

タイプA:無理をしてでも、すべての依頼に対応する特許事務所

無理をしてでもすべての依頼に対応しようとする特許事務所は、クライアントからも頼りにされますし、売り上げも伸ばすことができます。

しかし、所員は大変です。事務所全体で残業時間が一気に増え、1ヵ月で10件以上の明細書を書くような人も出てきます。

タイプB:あまり無理せずに、できる範囲で対応する特許事務所

できる限りクライアントの要望には応えようと努力はするものの、一定以上の依頼があった場合には、仕事を断る特許事務所もあります。

しかし、この場合は、普段からクライアントと信頼関係を築いておかないと、一度断ると次から仕事がこなくなる可能性もあります。

「あまり無理せずに・・・」と言っても、やはり年度末はほかの時期より忙しくなるのが普通です。

特許事務所の二極化は年度末対応にも現れる?

最近の特許業界は、出願減数の減少や知財部による特許事務所の選別によって、二極化が進んでいるように思います。

慢性的に多忙だけど待遇がいい事務所と、定時帰りが基本だけど年収は低めという事務所です。

前者は年度末にすべての依頼に対応するタイプAの特許事務所に相当し、後者は年度末にできる範囲で対応するタイプBの特許事務所に相当するかと思います。

どちらがいいかは人それぞれだと思いますが、特許事務所への転職活動をするときには、「この特許事務所はどちらのタイプだろう?」という視点を持っておくといいかもしれません。

特許事務所の年度末の忙しさの調べ方

特許事務所の年度末の忙しさを予測する方法があります。

1.特許情報プラットフォーム(通称:J-PlatPat)を開く。

2.上に並んでいるメニューの「特許・実用新案」をクリックするとプルダウンメニューが表示されるので、その中から「2.特許・実用新案検索」を選択。

3.下のほうの「検索キーワード」の欄に以下のようにキーワードを以下のように入力。それ以外の項目はデフォルトの設定のままでOK。

1つ目のキーワード:検索項目を「代理人」とし、検索キーワードに特許事務所の所長の名前を入力(注意:特許業務法人の場合は特許業務法人名を入力)
2つ目のキーワード:検索項目を「出願日」とし、検索キーワードに期間を入力(例えば、2017年1月1日~12月31日の場合は「20170101:20171231」と入力)

こうすれば、「代理人」の欄に入力した弁理士(または特許業務法人)が代理人となっている、2017年1月1日~12月31日に出願された特許出願を検索することができます。

4.その下の「検索」のボタンをクリック。

5.検索が終わると、「一覧表示」のボタンが表示されるのでクリック。

すると、指定した期間に出願された特許出願の一覧が表示されます。1年の中で年度末に出願している案件がどの程度かを見ておいてください。

年間を通してコンスタントに出願を行っている特許事務所が理想だとは思いますが、「バリバリ稼ぎたい!」という人は年度末に忙しそうな特許事務所を選ぶのも1つの手かもしれませんよ。

トンボ
トンボ

カブト先生、あまり無理しないでくださいね。

カブト
カブト

ありがとう。僕もそろそろ若い人たちに任せて、ボチボチやらせてもらうよ(笑)。