弁理士の仕事は特許事務所によって異なる?!

特許事務所への転職
トンボ
トンボ

どの特許事務所でも弁理士の仕事って同じですよね?

カブト
カブト

基本的にはそうなんだけど、事務所によって違う部分もあるよ。

「どの特許事務所でも業務内容は基本的に同じだから、弁理士として実力をつければ、どの特許事務所でもやっていけます」という趣旨のことは、当ブログでも何度か書いています。

大きく言えばその通りなんですが、細かく見ると、実は特許事務所によって弁理士や特許技術者がどういう仕事をするのか違いがあることも。

今回の記事では、そのあたりの事情について詳しく説明したいと思います。

特許事務所の業務内容

まず、特許事務所はどんな業務を行っている場所なのか、簡単に確認しておきましょう。

特許事務所の主な業務は、産業財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権)を取得するための権利化業務です。権利化業務には日本国内だけでなく、外国での権利化に関するものもあります。

権利化業務以外にも、異議申立て、無効審判、鑑定、訴訟などの業務もありますが、件数的には権利化業務よりも圧倒的に少なくなります。

5.弁理士の勤務先は特許事務所か企業知財部のほぼ二択
トンボ 弁理士になったら、どんなところで働くんですか? カブト ほとんどの弁理士は、特許事務所か企業の知財部のどちらかで働いているよ。 弁理士の勤務先ってどんなところか、みなさ...

弁理士がどのような業務を行うことができるかについては弁理士法に定められているため、特許事務所の業務内容は基本的にどの事務所でも同じです。

試しにいくつかの特許事務所のホームページを見て、業務内容を比較してみるといいと思います。多少表現などに違いはあれど、同じようなことしか書かれていないと思います。

弁理士の仕事が特許事務所によって異なるのはなぜ?

特許事務所の業務内容はどこでも同じなのに、弁理士の仕事が特許事務所によって異なるとはどういうことわけなのでしょうか?

それには、大きく2つの理由があります。

1つ目の理由は、実際には特許事務所によって得意とする業務の違いなどがあり、業務内容の構成比に違いがあるからです。

もう1つの理由は、弁理士がどういう仕事をするかは、特許事務所の組織体制によって異なる場合もあるからです。

以下、順番に説明していきますね。

特許事務所によって得手・不得手がある

例えば、特許事務所によって「意匠出願に強い」とか「外国出願の件数が少ない」とか「訴訟の実績がない」というように得手・不得手があります。

基本的には弁理士である以上、どこの特許事務所でも特許業務が中心になると思いますが、意匠出願に強い特許事務所では意匠業務のノウハウも学べる機会が多いでしょう。

外国出願の件数が少ない特許事務所では、ひたすら国内出願ばかりやることになり、外国出願の経験が積めないかもしれません。

訴訟の実績がない特許事務所でいくら訴訟業務に携わってみたいと思っていても、それはかなわぬ願いに終わる可能性が高いです。

このように、特許事務所が変われば、どういう仕事が多いか・少ないかも自ずと変わってきます。

特許事務所によって組織体制が異なる

仮にある2つの特許事務所の業務内容の構成比がまったく同じであったとしても、その2つの特許事務所の組織体制が異なれば、弁理士の仕事の範囲も変わってきます。

例えば、所員数が数名程度の特許事務所であれば、1人の弁理士が特許も意匠も商標も担当するし、図面も自分で作成するし、事務的なことまでやることもあります。

一方、大手特許事務所になれば、業務は細分化されており、いろいろな専門スタッフを抱えています。意匠・商標専門の弁理士がいることも多いですし、図面作成者も所内にいるのが当たり前です。

あなたにオススメなのはこんな規模の特許事務所
トンボ 特許事務所に転職するなら大きな事務所のほうがいいですか? カブト ケースバイケースだけど、初心者なら大手のほうが無難かもしれないね。 一言に特許事務所と言っても、弁理士...

このため、大手特許事務所の弁理士であれば、同じクライアントの特許出願の明細書作成と中間処理ばかりをひたすらこなすという日々になりがちです。

明細書作成や中間処理の実力は速く伸びるかもしれませんが、それ以外の業務をやる機会がまったくないということもあり得ます。

4.弁理士の主要業務(明細書作成と中間処理)を具体例で説明してみると?
トンボ 弁理士の仕事内容について具体的に教えてください! カブト じゃあ、簡単な具体例を交えながら、できるだけわかりやすく説明するね。 弁理士の主な仕事は、特許権などの産業財産...

一般的には、特許事務所の規模が大きくなるほど狭い分野に特化したスペシャリスト型、規模が小さくなるほど広い分野をこなすジェネラリスト型の弁理士であることが求められる傾向があります。

あなたにふさわしい特許事務所を選ぼう

以上のように、特許事務所によって弁理士の具体的な仕事内容は変わる可能性があるので、あなたがどういう弁理士を目指すか、どういうキャリアを描きたいのかによって、特許事務所の選び方も変わってきます。

例えば、あなたが最初から独立開業を目指しており、「一通りのことを早くできるようになりたい」と考えているのなら、小さい特許事務所で雑用までこなしつつ働くのがよいでしょう。

また、「弁理士として訴訟に携わりたい」という気持ちが強いなら、訴訟の実績の多い特許事務所に入ったほうが希望が満たされる可能性は高いでしょう。

「今の時点ではよくわからない」という人は、とりあえず大手特許事務所で特許業務の実力をしっかり磨くのが無難かもしれません。

大手特許事務所なら、仕事もコンスタントにあるでしょうし、それなりに教育体制も整っているので、最初に修業する場としては最適だからです。

特許事務所が変わっても共通していることのほうが大きい

最後に、これまでの話をひっくり返すようで恐縮ですが、特許事務所によって弁理士の仕事が多少変わることがあっても、弁理士として求められる能力はほとんど変わらないということを強調しておきたいと思います。

言い方を換えると、発明の本質やクライアントの要望を汲み取って、それをクレームに落とし込むことができる能力があれば、どこの特許事務所でもやっていけます。

この能力を一定以上まで伸ばすことができれば、特許事務所による違いなど取るに足らないもので、特許業界を身軽に渡り歩くことができるようになりますよ。

トンボ
トンボ

とにかく明細書作成や中間処理がしっかりできるようになることが重要なんですね。

カブト
カブト

その通り。どこの特許事務所に行ってもそれができなければ評価はされないよ。