弁理士の仕事はAIに奪われてしまうのか?

弁理士あれこれ
トンボ
トンボ

弁理士の仕事がAIに奪われるかもしれないという話を聞きましたが本当なんですか?

カブト
カブト

一部の業務はそうなる可能性はあるけど、弁理士の仕事すべてがAIに奪われることはないと思うよ。

「AI(人工知能)の発達によって職がなくなる」という論調の記事を見かけることが多くなってきました。

弁理士も例外ではありません。昨年、あるシンクタンクによって「弁理士は92.1%という高い確率でAIに代替される」という解析結果が示されました。これは、ほかの士業と比べても高い数字となっています。

一弁理士として不愉快に思っていたところ、この解析結果に対して弁理士会の梶副会長が反論するといったやり取りがありました。

「弁理士はAIに代替される確率92%」に弁理士会が反論!高度な対人スキルの奥深い職業
「AI(人工知能)元年」といわれた2017年。今も多くのメディアでAIが導く素晴らしい未来が語られているが、同時に注目されているのが「AI脅威説」だ。 AIで仕…

弁理士の将来は真っ暗なのでしょうか?

AIに代替されそうな弁理士の業務は?

まずは、AIに代替されそうな弁理士の業務を見ていきたいと思います。

ちなみに、私はAIにまったく詳しくありません(笑)。「AIは膨大なデータから最適解を見つけ出すことが得意」という程度の理解でこの記事を書いていますので、ご了承ください。

調査業務

AIに代替されそうな弁理士の業務として真っ先に思い浮かぶのは調査業務です。

膨大な量の特許公報が、テキストデータとしてすでに用意されているので、それを利用して調査を行うのはAIにとってそれほど難しくないと思います。特許調査に限らず、商標調査や意匠調査でも同様です。

AIの性能が向上していけば、むしろ人間よりも見落としが減少し、調査精度が向上する可能性もあると思います。

明細書の一部作成

将来的に、AIが明細書の一部を作成することは可能だと思います。

例えば、技術分野などの適当な条件を入力すれば、条件に合致した特許公報からAIが適当な文章を抽出して、明細書の一部を作成することもあり得るかもしれません。

ちなみに、特許業界では「明細書作成」と言い方をよくしますが、これには明細書の作成だけでなく、特許請求の範囲(「クレーム」とも呼ばれます)の作成も含まれています。

ただし、ここでAIが作成可能と言っているのは、あくまでも明細書そのものです。あとでお話するように、クレームの作成は、AIには難しいと考えています。

商標・意匠の類否判断

商標業務では、「商標Aが商標Bに似ているか否か」という類否判断を行うことがあります。同じく、意匠についても類否判断というものがあります。

「2つのものを比較する」のはAIが得意そうな処理なので、AIが類否判断をこなせるようになる可能性は高いと思います。

例えば、AIなら数秒で「商標Aは商標Bに78%の確率で類似します」なんて解析結果を出すことができるようになるかもしれません。

話が少し逸れますが、下の記事で、商標・意匠専門の弁理士を目指すのはリスクがあるという話をしました。ひょっとしたら、AIの台頭も大きな脅威になるかもしれません。

文系の弁理士が理系の特許業界で生き抜くためには?
トンボ 弁理士は理系の資格と聞きましたが、文系の人はいないんですか? カブト 文系弁理士で活躍している人もいるけど数は少ないね。 弁理士の仕事で圧倒的に多いのは、特許に関する権...
トンボ
トンボ

弁理士、ヤバいんじゃないですか?!

カブト
カブト

まあまあ、そう結論を急がないで(笑)。

AIに代替されなさそうな弁理士の業務は?

では、反対にAIに代替されなさそうな弁理士の業務には、どのようなものがあるのでしょうか?

それは、下の記事で「弁理士の腕の見せ所」となる業務としてお話した明細書作成(特にクレーム作成)中間処理です。以下、詳しく説明したいと思います。

3.産業財産権を取得するための特許庁への手続きの流れ
トンボ 産業財産権を取るための手続きってどういうものなんですか? カブト 特許庁に「この内容で権利がほしい」という趣旨の書類を提出して、それを審査官に審査してもらうんだ。 弁理...

クレーム作成

明細書の一部ならAIでも作成できそうだという話をしましたが、それは既存の特許公報の一部を流用して作成するというイメージにすぎません。

しかし、明細書の中でも発明の特徴を説明する記載やクレームの作成は、そう簡単にはいきません。そもそも、発明とは新しいものであり、流用できるものがないはずですからね。

特にクレームは、特許法に規定された要件を満たし、技術的に正しければそれでよしというわけではありません。クライアントにとって意味のあるクレームを作成することが重要です。

権利範囲が広いかどうか、権利行使がしやすいかどうか、競合他社に回避されやすくないかどうかなど、クライアントの状況に応じて、様々な切り口から検討する必要があります。

クレーム作成に必要なノウハウは弁理士の頭の中にはあるものの、それを言語化してデータにするというのはちょっと想像できません。

また、クライアント自身も、どういう特許権が欲しいかはっきりしていないことが多々あります。クライアントの想いを打ち合わせなどで汲み取り、それをクレームに仕立て上げていくことが弁理士には求められます。

そのためには、最初に紹介した記事で、弁理士会の梶副会長が『対人スキル』と言っている類のコミュニケーション能力が必要です。AIが人間と同等の対人スキルを習得するできるのは、まだまだ先の話だと予想しています。

中間処理

中間処理では、審査官が拒絶理由通知で述べていることを理解し、審査官に「なるほど」と思わせる意見書を書くことが必要です。

しかし、拒絶理由通知は決してわかりやすい日本語ではなく、ときに、行間を読むことが必要です。審査官による個人差も大きいです。

また、意見書では、同じことを言うのでも、言い回しや文章の組み立てによって、印象が大きく変わります。審査官という人間を説得させるには、どういう文章がいいのか、弁理士が毎回苦心するところです。

このように、中間処理に必要な「行間を読む」とか「説得力のある文章を書く」といったファジーなスキルを、AIが習得するのはかなり難しいと思われます。

弁理士が不要となる日はくるのか?

以上のように、一部の弁理士業務はAIに代替される可能性があるものの、クレーム作成や中間処理といった弁理士の核心的な業務は大丈夫ではないかと考えています

しかし、AIがどれくらい進化するのか、私の想像力が及ぼないところも大いにあります。ひょっとしたら、弁理士業務のすべてをやってのける『弁理士AI』が、そのうちできるかもしれません。

ただし、そのときには、進化したAIによって、そもそも世の中の仕組みや仕事の意味合いが大きく変わっていると思います。弁理士がいるかいらないかなんて、その中のごくごく一部のちっぽけな話にすぎないと思います。

そんなときがくるまでは、むしろAIをうまく利用して作業効率を上げながら、しばらくはAIに代替されなさそうなクレーム作成や中間処理の腕を磨いておくことが、弁理士にとって重要なのではないでしょうか。

弁理士の本当のライバルは、AIではなくもっとほかにいるかもしれませんよ。

【弁理士の日記念ブログ企画2018】知財業界のライバル
トンボ 7月1日って『弁理士の日』らしいですね。 カブト よく知ってるね!僕でも最近知ったばかりなのに(笑)。 「7月1日の『弁理士の日』を一緒に盛り上げませんか!」 ・・・...
トンボ
トンボ

AIによって仕事は減るかもしれないけど、弁理士という職業自体はなくならないということですね。

カブト
カブト

僕はそう思っているよ。仮に弁理士そのものがAIに代替されるときが来れば、僕は潔く引退させてもらうよ(笑)。