特許事務所への転職で転職エージェントを利用する意味はある?

特許事務所への転職
トンボ
トンボ

特許事務所への転職でも転職エージェントって利用したほうがいいんでしょうか?

カブト
カブト

うまく利用できればメリットは大きいよ。

今や転職の際に転職エージェントを利用するのは当たり前の時代。

特に企業への転職の場合、個人が直接履歴書を送って応募するというのはまれで、転職エージェントを経由して応募するのが一般的です。

しかし、「特許事務所への転職でも転職エージェントを利用する意味ってあるの?」という疑問を持っている人も中にはいるのではないでしょうか?

確かに、特許事務所へはわざわざ転職エージェントを経由しなくても直接応募できることがほとんどなので、転職エージェントに頼らずに転職活動を進めることも可能です。

それでも、私は「特許事務所への転職でも転職エージェントを利用したほうがいい」と思います。

そこで、この記事では、転職エージェントを利用する際の注意点やオススメの転職エージェントについてお話したいと思います。

転職エージェントとは?

「転職エージェントってそもそも何?」という人もいるかもしれませんので、簡単に転職エージェントが何たるかについて説明しておきます。

転職エージェントとは、企業側の「こんな人材が欲しい」という要求と、求職者の「こんな企業で働きたい」という要求とをマッチさせるコーディネータのようなものです。

求職者には、『キャリアアドバイザー』と呼ばれる専門のコンサルタントが付き、転職活動の最初から最後まで一貫して面倒を見てくれます。

具体的には、キャリアアドバイザーは、まず求職者の希望をヒアリングし、その希望に合致した求人を紹介し、その後の企業とのやり取り(応募、面接日程の調整、給与交渉など)を間に立って行ってくれます。

転職エージェントが紹介した人材を企業が採用すると、企業から転職エージェントに手数料が支払われる仕組みとなっており、求職者が転職エージェントを利用するのに費用はかかりません。

求職者にとって至れり尽くせりのサービスでありながら、無料っていうのは大きいですよね。

転職エージェントのメリットとデメリット

ただし、やはり何事にもメリット・デメリットはありますので、その点をきちんと理解したうえで利用したほうがよいでしょう。

転職エージェントを利用することの主なメリット・デメリットを挙げておきます。

メリット1:効率的な転職活動ができる

転職エージェントを利用することで得られるメリットとして真っ先に思いつくのは、1人でやるよりもはるかに効率的な転職活動が可能になるということです。

私自身、これまで転職エージェントを何度か利用したことがありますが、自分の希望を満たす求人をピックアップして教えてくれるというのは非常にありがたいことです。

今やネット上に求人情報はあふれていますが、それゆえに絞り込みに時間がかかったりしますし、その質が疑わしいものも多いです。

例えば、特許事務所のホームページには求人情報が掲載されていることが多いですが、昔の求人情報をそのまま放置しているだけのところもかなりあります。特に小さめの特許事務所はその傾向が顕著です。

私も以前そういう特許事務所に履歴書を送ってしまったことがあり、時間と切手代の無駄に終わりました。

当たり前ですが、転職エージェントなら現在求人を行っている特許事務所を紹介してくれるので、このような無駄が生じることはありません。

そのほか、上でも説明したように、特許事務所とのやり取りをすべてエージェントが行ってくれるので、求職者は細かい雑務から解放されます。

現職を続けながら転職活動を行う場合には、思うように時間が取れないことも多いですが、そういった人にとって転職エージェントの利用価値は特に大きいと思います。

メリット2:公開されていない求人情報が得られる

これも非常に大きなメリットですが、転職エージェントに申し込むことで、一般には公開されていない求人情報も得られます。

特許事務所の中には、転職サイトなどに求人は出さずに、転職エージェントを介して秘密裡に求人を行っているところもあります。

転職エージェントを利用することで、そういった非公開求人の情報が得られるので、選択肢の幅が広がります。

また、求人情報とは異なりますが、業界のちょっとした裏情報(ブラック特許事務所の情報など)も教えてもらえることもありますよ。

デメリット:不誠実な転職エージェントに当たると悲劇

転職エージェントも営利企業なので、できるだけ多くの人を転職させて手数料を稼ぎたいという想いは少なからずあるはずです。

その想いが強すぎて転職エージェントの不誠実さが増してくると、求職者が悲劇に見舞われることもあり得ます。

実際聞いたことある話としては、こんな話があります。

ある転職エージェントは、特定の特許事務所ばかりを強く勧めてくる。その特許事務所は実態はとんでもないブラックで、すぐに人が辞めてしまう。どうやら、すぐに人が辞めるブラック特許事務所に人を送り込むことで、頻繁に人材を紹介して手数料を荒稼ぎしているらしい。

又聞きの話なので、多少尾ひれがついているかもしれませんが、不誠実な転職エージェントに当たってしまうと、こういうことも起こり得るということは覚えておいて損はないでしょう。

信頼できる転職エージェントの見分け方

以上のように、特許事務所への転職活動において、転職エージェントを利用するメリットは大きいですが、信頼のできる転職エージェントを見つけることが大切です。

信頼できるエージェントと信頼できないエージェントの簡単な見分け方をいくつか紹介します。

【信頼できるエージェント】
・求職者へのヒアリングが丁寧
・希望に沿った複数の特許事務所を紹介してくれる
・エージェントにとって利益にならないアドバイスもしてくれる(例えば「転職自体を考えなおしたほうがいいですよ」など)
【信頼できないエージェント】
・求職者へのヒアリングがあっさりしている
・特定の特許事務所をやたらと勧めてくる
・希望に沿わない特許事務所でもどんどん紹介してくる
・求職者に決断を急がせる

特許事務所への転職にオススメの転職エージェント

「じゃあ、信頼のできる転職エージェントってどこ?」って聞きたくなりますよね(笑)。お答えしましょう。

信頼ということで言えば、ブランド力のある大手の転職エージェント(リクルートエージェントなど)は問題なく信頼できるでしょう。

しかし、大手の転職エージェントは、主に企業の求人を取り扱っており、特許事務所の取り扱いはあまり多くありません。

そこで、候補となってくるのが業界専門(士業専門、弁理士業界専門)の転職エージェントです。業界通ですし、特許事務所の求人(弁理士、特許技術者の求人)も多く扱っています。

ただ、大手エージェントと比べると規模の小さい専門エージェントは玉石混交なので、少し気をつけて選んだほうがいいでしょう。

専門エージェントの中でオススメできるのは、リーガルジョブボードMS-Japanです。どちらも士業の転職に強い専門エージェントで、特許事務所の求人も豊富です。

特許事務所の求人を探すならリーガルジョブボードがオススメ!
『リーガルジョブボード』は特許事務所の求人を多数扱う転職エージェントです。特許業界はメジャーな業界ではないので、大手の転職エージェントよりも、リーガルジョブボードのように業界に精通している専門エージェントのほうが頼りになります。

上の記事で詳しく書いているように、特にリーガルジョブボードは、弁理士・特許技術者の求人専門のキャリアアドバイザーが在籍していて、お祝い金といううれしいオマケもついてくるので、特許事務所への転職活動では是非利用したいところです。

「あれもこれも登録したくない」という人は、リーガルジョブボードだけで十分だと思いますし、「いろんな求人をしっかり吟味したい」という人はリーガルジョブボードと併せてMS-Japanにも登録しておいたらよいでしょう。

以上、参考になれば幸いです。

トンボ
トンボ

じゃあ、僕も転職エージェントに登録しておこうっと。

カブト
カブト

思い立ったが吉日だよ。時間が経つと面倒臭くなってくるからね(笑)。