特許事務所への転職は急がず、焦らず、慌てずに!

特許事務所への転職
トンボ
トンボ

特許事務所に転職するなら若いうちのほうがいいですか?

カブト
カブト

いや、若いうちは企業で経験を積んだほうがいいと思うな。

未経験の分野に転職する場合のタイムリミットは、一般的には30歳前後が多いと思います。

このため、弁理士になることや特許事務所への転職を考えている人の中にも、「早く決めないと!」と焦っている人がいるかもしれません。

しかし、特許事務所の場合は、30代でも未経験の人が多く採用されていますし、経歴によっては40代でも転職可能です。逆に、20代で特許事務所に入る人は少ないです。

以下、年代別の特許事務所への転職事情について、お話したいと思います。

特許事務所への転職活動で注意したいこと
トンボ 特許事務所への転職活動ってどうやったらいいんだろう・・・ カブト 心配しなくても、一般的な転職活動とそんなに違いはないよ。 特許事務所への転職・就職を考えている人の中に...
特許事務所の求人を探すのに押さえておきたい転職サービスと転職サイト
トンボ 特許事務所の求人ってどうやって探したらいいんですか? カブト じゃあ、今日は特許事務所の求人の探し方について説明するね。 特許事務所の求人を探す方法は、企業の場合と比べ...

20代の間は企業で働いたほうがいい

新卒で特許事務所に就職したり、20代という若い年齢で特許事務所に転職したりするのは、あまりおすすめしません。できれば、20代の間は企業で社会人としての経験を積んだほうがよいと思います。

その理由をお話します。

企業で仕事をしていると、世の中の仕組みや企業という組織がどういうものか見えてきます。また、社会人としての常識や振る舞いも身に付くでしょう。これらは、好むと好まざるとにかかわらず、若いうちに知っておいたほうが身のためです。

特許事務所は企業に比べるとずっと小さい組織ですし、社会勉強という意味合いでは、企業よりも学べることが限られてきます。それに、特許事務所では下の者を教育するという意識が低いです。

若いうちに特許事務所に入ってしまうと、よっぽど「自分で何とかしてやる」という気概がないと、社会人としての成長が遅れがちになると思います。

なので、『新卒』という特権を活かして、まずはそれなりの企業に就職し、そこで数年の経験を積むことを強くおすすめします。

その間に、「弁理士になりたい」、「特許事務所で働きたい」という気持ちが膨らんでくるかどうかを見極めればいいと思います。特許事務所への転職はそのときに考えても、全然遅くはありません。

特許事務所側も、ピチピチの若者よりも、ある程度社会人経験を積んだ人を好んで採用します。

30代は特許事務所への転職の適齢期

30代であれば、理系のバックグラウンドさえあれば、未経験者でも特許事務所への転職はそれほど難しくありません。ましてや、企業の技術部や知財部にいた人や弁理士試験合格者なら歓迎されるでしょう。

大手特許事務所の場合は、それなりのスペック(学歴、職歴、英語力など)を要求するところもありますが、選り好みしなければ求人はたくさんあります。

しかし、30代で特許事務所に転職する場合に注意したいのは、その後に企業に再転職するのは難しくなるという事実です。

企業は同業で活躍してきた人を欲しがりますし、企業の求人の年齢制限に引っかかりやすくなります。知財部なら特許事務所での経験を評価してくれるところもありますが、求人数はぐっと減るでしょう。

つまり、30代で特許事務所に転職してから、「この仕事向いてない・・・」と気づいても、その後の選択肢は非常に限られます。なので、企業を辞めることについては、一度冷静になって慎重に考えたほうがいいです。

下の記事に書いたように、個人的には特許事務所という職場を気に入ってますが、そう思える人はどちらかというと少数派だと思うので(苦笑)。 

弁理士の年収の現実は?弁理士なんてなるもんじゃない?
トンボ 弁理士って高給取りなんですよね? カブト 残念ながら弁理士というだけで高給取りにはなれないよ。 「弁理士って儲かるの?」 みなさん一番気になるのは、ここですよね。ネッ...

40代以上なら特許業務未経験は厳しい

40代、50代の未経験者が特許事務所に転職するのは、さすがに難しくなってきます。

知財部出身者や弁理士試験合格者であれば可能性はありますが、この歳から明細書を書き始めるのは、本人もしんどいのではないかと思います。

また、企業から未経験で特許事務所に転職すると、年収が大きく落ちることも考えられます。最初は前職の年収を保証してくれたとしても、その後は実績次第となりますので、プレッシャーはキツイでしょう。

さすがに、40代以上となると、私が言わなくても、ご本人が十分慎重になっていると思います(笑)。「今持っているものを捨てて、特許事務所への転職で何が得られるのか」を、よく考えてください。

ちなみに、特許事務所間の転職であれば、40代以上でもそんなに難しくありません。そういう意味では、弁理士や特許技術者としての腕を磨けば、身軽に生きていける業界ですよ。

トンボ
トンボ

まずは企業でがんばって、30代で特許事務所に転職か・・・

カブト
カブト

実際、特許事務所にはそのパターンの人がすごく多いよ。